ふるさと納税もネットワークビジネスもインターネットで楽々

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

ふるさと納税とは

地方の自治体の増収のために作られた『ふるさと納税』という制度。
最近ではずいぶん知られるようになって、利用者も増えているようです。

多くの人が地方のふるさとで生まれ、その自治体から医療や教育等様々な
住民サービスを受けて育ちます。けれどもやがて進学や就職を機に

都会に移り住み、そこで税金を納めます。その結果、自分の生まれ育った
ふるさとに税金を納めず都会ばかりが安定した税収を得ることになります。


ふるさと納税


そこで、今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、
自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか

そんな問題提起から始まり、数多くの議論や検討を経て生まれたのが
『ふるさと納税』制度です。

『納税』という言葉がついているふるさと納税ですが、
実際には都道府県、市区町村への「寄附」なのです。

通常自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うとその寄附金額の一部
所得税及び住民税から控除されます。

ですが、ふるさと納税の場合は自己負担額の2,000円を除いたなんと全額
控除の対象となるのです!

ただし全額控除される寄附金額には、収入や家族構成等に応じて
一定の上限がありますので、各自でご確認くださいね。

"ふるさと納税はどこの自治体にするか選ぼう''

ふるさと納税は、「生まれ育ったふるさとに貢献できる制度」そして
「自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度」として作られました。

けれども今では、自分のふるさとだけではなく、どの自治体にでも
ふるさと納税を行うことができるのです。

それぞれの自治体がホームページ等で公開しています。ふるさと納税に対する
考え方や、使い道等を見て、応援したい自治体を選んでくださいね。

特に寄附金の使い道については、ふるさと納税を行った本人が
使い道を選択できるようになっている自治体もあるんですよ。

ふるさと納税を行うには自治体によって手続きが異なります。
ふるさと納税先として選んだ自治体のホームページ等でご確認ください。

ふるさと納税を行い、所得税・住民税から控除を受けるためには、
原則として確定申告を行う必要があります。

ただし、本来確定申告を行う必要がなかった給与所得者等については、
ふるさと納税を行う時にあらかじめ申請することで確定申告が不要になる

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が、平成27年の4月から始まりました。
ただし、適用を受けられるのは、ふるさと納税を行う自治体の数が
5団体以内である場合に限られます。

ふるさと納税の返礼品



ふるさと納税


ふるさと納税を行うと、寄付をした自治体から返礼品が送られてきます。
多くはその土地の特産品ですが、特産品の少ない地域では対抗するために

プリペイドカードや金券などもあり、やや過熱気味になっているようです。
総務省では税金の奪い合いにならないように、と釘を刺していますが…

せっかくなら返礼品のみで選ぶことなく、本当に応援したい地域を見つけ
継続的に応援ができればいいですよね。

ふるさと納税もネットワークビジネスもインターネットで!

現在ふるさと納税は、支払い方法が幾つか選べます。クレジットカード、
ペイジー、スマホ払いなど、いずれもインターネットで支払いができます。

今、時代はインターネットです。私が今取り組んでいるネットワークビジネスも
従来は口コミのみでしたが、今は在宅でインターネットの時代です。

隙間時間に在宅MLMで収入を得たら、応援したい地方に寄付して
お得に返礼品を楽しめますね(^-^)

インターネットがあれば、ビジネスも寄付も一つでできますね!