格安スマホもネットワークビジネスに使えるの??

格安スマホは使える?
ネットワークビジネスに上手にとりいれましょ!

最近話題の格安スマホ、何故今までのように普通に契約するより安いのか、
不思議に思ったことはありませんか?

月額料金の安さがテレビや様々なメデイアでアピールされ、
iPhone4台の月々の支払いに首が締まりそうな我が家では(^^;
本気で格安スマホに乗り換えたいと思いました。

でも、格安スマホには大手三社とは異なる点がいくつかあり、そこをちゃんと
理解してから契約しないと、逆に損をしてしまうこともあるということが分かりました。

格安スマホには、向いている人とそうでない人がいるようなんです。

格安スマホとはどんなもの?

格安スマホには明確な定義はありませんが、通常格安SIMをスマホに挿入して
運用しているスマホの事をいいます。
スマホ 格安 ネットワークビジネス
SIMというのは、スマホなど携帯電話回線を使って通話やインターネットなどの
通信をする際に入れるカードのことで、契約情報などが入ったチップ端末です。
これを入れる事で初めて通信が可能になります。

docomoやau、ソフトバンクといった大手の携帯電話会社との違いは、
基地局など各会社の通信設備を持ってサービスをしているのに対し、

格安SIMのほとんどはそのキャリアの設備の一部を借りてサービスをしています。

つまり、繋がるエリアなど基本的なサービスは、借りた先の会社のものと
同じということです。

大手三社で販売されるスマホは、他社のSIMは使えないように
ロックがかかっています。

でも、最近のスマホは各会社に持って行くと、解除してもらうことができます。
これをSIMロック解除といいます。

ではSIMロック解除をしたスマホに、他社のSIMを挿して使用できるか、
というと必ずしもそういう訳ではありません。

各会社で販売しているスマホは対応周波数がそれぞれの会社に
合わせているものが多く、SIMフリー版であれば

格安SIMで通信できるものでも、大手三社のものは不可能
というケースがよくあります。

例えば格安SIMの回線の多くを占めているのはdocomoの回線だそうです。
docomoの回線使う格安SIMの場合だと、docomoで買ったスマホなら

そのまま使えるのですが、同じスマホでもソフトバンクで買ったものだと
一部の周波数以外は対応していないので、
電波を受けられる地域が限られるといったことが起こるようです。

格安スマホが格安な訳

携帯大手三社から通信回線を借りてサービスを行うことが、
大手三社よりも安く「格安」が実現できるのはなぜなんでしょうか?

一つには自社で通信回線を持つと、基地局の整備やメンテナンスなどで
年間数千億円の維持費がかかります。

格安スマホは携帯会社から通信回線を借りてサービスを提供しているので、
設備に対する経費がかかりません。

またネット販売が中心で、店舗を持たないためより低い販売コストで済みます。

格安スマホは携帯会社から通信回線を安く仕入れ、利用者の必要に応じて
小分けにデータプランを設定しています。

大手携帯会社では2GBからのデータ定額プランしかありませんが、
格安スマホなら500MBや1GB からのプランもあります。

なぜ格安でサービスを受けられるのか、というと大手三社だと
一人分で使用する帯域を、複数人で分けて使っているからなのです。

また格安スマホの場合は、低価格なモデルをセットにしており、
端末代にかかる費用が抑えられます

スマホ 格安 ネットワークビジネス

格安スマホのメリットは?

格安スマホは料金が格安になるだけではありません。
ほかにもメリットがいくつかあるのでまとめてみましょう。

①様々なプランが用意されている
格安SIMは基本的にデータ通信サービスのみです。音声通話、SMSを使えるように
するかどうかは利用者が決めます。様々なプランから、自分に最適なプランを
見つけることができます。

②契約の縛りがないものや短いものが多い
携帯三社でよく言われる「2年縛り」が絶対ではありません。ない場合は
2年以内で解約すると高額な違約金が取られるようなことはありません。
ただし縛りがある場合もありますので、各会社の契約内容をよく調べましょう。

③海外に行く時に現地のSIMカードが利用できる
プリペイドSIMを購入し、自分のスマホに挿し替えるだけで海外でも
簡単に通信ができます。
スマホ 格安 ネットワークビジネス
ただし国によって、周波数帯が異なることがあるので事前に確認してください。

格安スマホのデメリット

格安スマホはメリットだけでなく、当然デメリットもあります。
携帯大手三社のスマホと同じだと思ってはいけません。

①携帯会社のメールアドレスがない
携帯会社のメールアドレスはありません。@のあとにdocomo、softbankなど
付かずフリーメールと言われるYahoo!メールやGmailなどを利用します。

②通話料金に要注意
大手三社のスマホの場合は通話がかけ放題のものが多いですが、格安スマホでは
通話料は以前は毎回かかりました。最近は無料通話のプランもでてきたので
良く調べる必要があります。着信には料金がかかりません。

③データ通信量が少ない
格安スマホは料金が安い代わりに、プランによってはデータ通信量の上限が
500MBや1GB からと少ないです
その為通信量が多いとすぐに速度制限にかかってしまいます。

④自分で設定が必要
購入したらスマホの接続情報やセキュリティ対策など、自分で設定します。

格安スマホはどんな人がお得?

なるべく格安でスマホを持ちたい人は勿論ですが、通話時間が短い人や
着信のみに使っている人はお得でしょう。

またデータ通信をあまりしない人やスマホの機能はあまり気にしない人も
合っているでしょう。

こうして格安スマホのことをみていくと、じつは格安スマホはスマホに詳しい人、
たくさんデータ通信をする人よりもデータ通信をあまりせず
スマホの性能にはこだわらない人の方が向いていることが分かりますね。

格安スマホは、主婦や初めてスマホを持つ子どもがターゲットだったそうですが、
実際は購入者の大半が55歳以上の方々だったそうです。

格安スマホはそのネーミングから、誰にとってもお得と思われがちですが、
それは利用者によって異なります

まずはご自分の利用状況を確認して、
どちらがお得かしっかり確認した方が良いということです

ネットワークビジネスもスマホで!

私が現在取り組んでいるインターネットでするネットワークビジネスは、
やはりスマホが大活躍しています。

ネットワークビジネスというと、口コミで勧誘して…というイメージが
つきまとうので「何故スマホ⁇」と思われるかも知れません。


格安 スマホ ネットワークビジネス


でも、私達のグループはHPで様々な情報をお伝えしながらネットワークビジネスが
いかに今後の日本社会で有益か、又働き方として良いビジネスかををお伝えしています。

私は隙間時間にスマホで記事を書いたり、Skypeでミーティングしたりしており、
スマホは必須です!

PCを使わずスマホだけ、というのは全体のバランスを見たり、作業時間の短縮
という点で難しいですが、スマホは隙間時間に使える、というメリットがあります。