スーパーフードは美容と健康に強い味方!MLMで身近に

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

スーパーフードの定義

最近巷でよく「スーパーフード」という言葉を耳にしますが、
一体スーパーフードとはどんなものなのでしょうか。
スーパーフード


スーパーフードの始まりは1980年代頃のアメリカカナダで、
食事療法を研究する医師や専門家の間で、極めて多くの有効成分を含む
食品に対して「スーパーフード」という言葉が使われるようになりました。

その後アメリカでは2000年頃からロー・リビングフードといった
低温調理法がブームになりました。

この調理法がスーパーフードの持つ成分を活かすために最適であったので、
ロー・リビングフード実践者たちの間でスーパーフード人気が高まりました。

2004年、アメリカの医師スティーブン・プラットが
『スーパーフード処方箋〜あなたの人生を変える14の食品』

という本を著し、世に広まるようになりました。この本でスーパーフードを
「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義し、

抗酸化作用が高いもの老化や生活習慣病の予防によいものがんのリスクを
遠ざけるものなどを紹介しています。

取り上げている食品は特別なものだけではなく、身近な野菜や果物などもあり、
例えばりんごの皮や人参の葉も丸ごと食べると良いなど、

食品に含まれる複数の栄養・健康成分が体によい「薬」となるという、
中国の薬膳や漢方にも通じるところがあります。

もう一冊、スーパーフードを語るに不可欠なのが、ロー・リビングフードの
カリスマ的存在であるデイヴィッド・ウォルフが2009年に著した

『スーパーフード』です。この中では一般的な野菜というよりも
スピルリナやカカオ、ココナッツ、クコの実などいわゆる「健康食品」

といえるようなものを取り上げています。単に栄養面が素晴らしいという
だけでなく、ある特定の有効成分の含有量が群を抜いて高いもの、

ごく少量で栄養・健康成分を効率的にとれるものこそ「スーパーフード」
という見かたです。
スーパーフード


以上のようにスーパーフードとは、はっきりと特定の食品を定義したものでは
ありません。ビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった

必須栄養素や健康成分を他食品より多く含む、おもに植物由来の食品
という大前提のもと、それぞれによって異なる食品が挙げられています。

一般社団法人日本スーパーフード協会では、以下のように定義と基準を
定めています。

【スーパーフードの定義】
栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、
料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

【スーパーフードの基準】
スーパーフードの発祥の地アメリカで、一般的に「スーパーフード」として
認知・評価されている食品であること。

「食歴」が長く、何世紀にもわたって人々の健康に寄与してきた食品であること。
それにより、人体に及ぼす可能性がある、あらゆる問題が解明されており、

その安全性に不安をもって食することがなく信頼がおけるもの。
(一般社団法人日本スーパーフード協会 HPより)
スーパーフード

スーパーフードの取り入れ方

テレビや雑誌などのメディアで取り上げられると、すぐに近所のスーパー
などでもそれに関係する食品がところ狭しと並べられたリします。

ついつい流行に乗ってあれもこれも試してみたい!と思ってしまいますよね。
でも、 むやみに取り入れたからと言って急に健康になるわけではありません。


スーパーフード


炭水化物の代謝にはビタミンB1が必要です。たんぱく質の代謝にはビタミンB2、
脂質の代謝にはビタミンB6が必要だということが分かっています。

私達の身体に必要な栄養素を、偏らないように取り入れることが、
私達の身体を健康に保つ大きな秘訣となるのです。

スーパーフードに多く含まれるビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・必須脂肪酸・
食物繊維などは、主に身体の調子を整える役割をするものです。
 
それに対し、生命維持や新陳代謝の主材料として最も重要な役割をするものは、
三大栄養素である「炭水化物・たんぱく質・脂質」です。

この三大栄養素を適正な量だけ摂取することは、スーパーフードのみでは難しく、
またコストがかなりかかってしまいます。
 
『スーパーフード』と言うと、それを食べただけで美しくなったり若返ったり
すると勘違いしてしまうかも知れませんが、そんなことはないのです。

1日3食、栄養バランスの良い食事を摂り、どうしても不足がちな栄養を
補うための+αとして取り入れるのが正しい摂り方です。


スーパーフード 


また最近ではスーパーフード入りのパン、お菓子も見られます。
けれどもその原材料には砂糖やマーガリンなどヘルシーとは言い難い食品、

乳化剤や保存料などの食品添加物まで含まれるものもあります。
ヘルシーなものを食べているつもりが、実はジャンクフードを食べていたら

元も子もありませんよね。原材料名やその産地、だけではなく
加工法までしっかりとチェックしてから利用したいものです。
  

身近なところにもスーパーフードがあった!

私達が普段から食べている身近な食品にも、実はスーパーフードがあるのです!

トマト・アボカド・枝豆・アーモンド・納豆・玄米・みそ・ひじき・小豆・昆布・
しょうが・梅干し・緑茶などなど、が挙げられます。

如何でしょうか?こうして見ると、私達日本人が昔から口にしていた
日本の食材の中にもスーパーフードは沢山あることが分かりますね。

海外から話題になっているスーパーフードはやはり高価なものが多いですね。
まずは身近なものにもう一度目を向けてみてはいかがでしょうか。
 

ネットワークビジネスでもスーパーフード

ネットワークビジネスで取り扱われる製品には、健康、美容に良い物が多いです。
化粧品やスーパーフードと呼ばれるものを扱っている会社も多くあります。

オメガ3やブラックシードで話題になっているニューベラス
ノニジュースで一躍有名になったモリンダなど。

ネットワークビジネスはあなたがお気に入りの製品を愛用しながら
ビジネスをすることができます。

美容、健康に良いものを積極的に摂り入れて、その良さを他の人に
伝えていくだけでビジネスになるのですから、一石二鳥ですよね。

でも…口コミは苦手、という方は在宅でインターネットを使ってする
ネットワークビジネスもあるんです!!


ネットワークビジネス


在宅のネットワークビジネスは、美容にも健康にもそして
懐にも優しいですね(^-^)

next 木ニューベラス