セルフメディケーション税制で医療費を抑えられるか

セルフメディケーション税制
セルフケアにはネットワークビジネスが最適

セルフメディケーション税制とは

2017年1月、「セルフメディケーション税制」が制定されました。
これは、医療費控除の特例として作られたものです。

セルフメディケーション税制とは、1年間(1月1日から12月31日)の間に、
薬局やドラッグストアで指定の医薬品を1万2000円を超えて購入した場合、

確定申告をすることで所得控除を受けることができる制度です。
最大で8万8000円まで控除されます。
セルフメディケーション税制


しかし、制度を利用するには条件があります。

・特定健康診断やがん検診、予防接種などを受けていること

つまり、自分できちんと健康管理を行っている人にのみ許可される、
ということです。上に挙げたもの全てではなく、どれか1つで大丈夫です。

現在の医療費控除は、病院で支払った医療費や通院の交通費、薬代金などの
合計が10万円以上になったら申請することができます。

でも、セルフメディケーションは12,000円からですから、
ハードルが低くなります。

セルフメディケーション税制の導入で、今まであまり病院には行かず、
市販薬を頻繁に買っていたという人には、非常にありがたい制度です。

セルフメディケーション税制を活用利用するには

日本は高齢化で、国の医療費はかさむばかりですセルフメディケーションは
国の医療費を減らす、という目的もあるので、
対象になる人は、ぜひ積極的に使いたい制度です。

2017年分の確定申告から適用できます。2017年分は
2018年2月16日から3月15日までの間に申告することになります。

まずは指定の医薬品を購入した場合はレシートを取っておくこと
を忘れないようにしましょう。
セルフメディケーション税制
注意点としては、
①全ての薬が対象ではなく、「OTC医薬品」という指定の薬が対象です。
 厚生労働相のHPに一覧があります。又、レシートにも書かれているので、
 捨てずにとっておきましょう。

②従来の医療費控除との併用はできません。ですので、対象薬を1年間で
 12000円以上購入して、更に医療費が10万円を超えた場合、どちらが
 お得なのかはよく検討する必要があります。

個人事業主自営業の方だけでなく、サラリーマンでも条件を満たせば
医療費控除、セルフメディケーション税制は申告できるので

一年間の医療費や薬の領収書は失くさないよう、きちんと保管して
少しでも損をしないようにしたいですね。

医療費増加に「薬」の問題

私達の健康な生活に絶対不可欠な医療費ですが、国全体で増え続けています。
日本は70歳未満の医療費の7割は国が払っており、窓口での支払いは3割です。

医療費が増えるということは、当然国のお金が減るということです。
高齢化で、日本の医療費がかさむのは致し方ないのですが、
そこには「薬」の問題もあるようです。

昔は医院の中で薬を調剤していました。でも今は、医師が処方箋を書いて、
調剤薬局で薬を出してもらうことがほとんどですね。

その調剤費がかかりすぎている、という問題や、高額の「新薬」
開発されたため、助かる命は増えたけど、医療費の負担にはなっている、
など問題は色々です。

在宅でセルフケアをすることの大切さ

何れにしても、できることならあまり医療費を使うことなく、
健康で過ごしていたいものです。


女性 美容 健康


その為にもストレスフリーの在宅ネットワークビジネスは、
心身の健康を保ちながら、マイペースで続けることができます。

それだけでなく・・・
こうして記事を書いていると、社会の色々なことを勉強できます。
PCのスキルも知らないうちに上がっていきます。

時間に余裕ができると心にも余裕が生まれます。
心に余裕ができると家族に優しくできます。

心の安定が身体の安定に繋がります。医療費をあまり使うことなく
セルフメディケーション税制をうまく活用したいですね。

それでももし病気になって・・・医療費がたくさん必要になっても
ネットワークビジネスなら入院中もネットが働いてくれます。
有給休暇を使い果たしてしまう心配もありません。


在宅ネットワークビジネスの情報はコチラ


next 木未来とは今現在の行動によって決まるもの

資料請求


矢印
サンプルバナー


パンフレット

案内資料

a:150 t:2 y:0