古代アレキサンダー大王が栽培、アロエベラのチカラ

アロエベラの歴史

アロエベラの歴史は紀元前1550年頃にまで遡ります。エジプトのミイラの棺から
「数百年前からアロエベラが使われている」と書かれたものが見つかっています。

マケドニアの王、アレキサンダー大王はギリシャの哲学者・アリストテレスが
助言し兵士の傷の治療や健康維持のために、アロエベラを栽培させていたそうです。

エジプトの絶世の美女として有名なクレオパトラの美しさの秘密は
アロエベラを使っていたからだとも言われています。

その他、中国、アラビア、ギリシャ、ローマなど、世界各地で
アロエベラが使われていたというエピソードが残されています。

日本でも「医者いらず」と呼ばれており、古くからやけどや切り傷など、
民間療法に使われています。また、現代では医薬品や化粧品、食品と
様々な分野でアロエベラが使われているのはご存知の通りです。


アロエベラ

アロエベラのチカラ

アロエベラはアフリカ、アラビア、地中海地方が原産地だと言われており、
500種類にのぼるアロエの品種の中でも大きいアロエの種類です。

アロエベラの “ベラ” はラテン語で「真実の」「本当の」という意味で、
アロエベラは「真実のアロエ」という意味になります。

アロエベラは日差しが強く、乾燥した厳しい環境をも生き抜く、
大変強い生命力を備えており、その生命力の源になっているのが、

アロエベラに含まれる多種多様な成分とその働きにあります。そのため
アロエベラが生み出すチカラは私たちの健康にも有用であると考えられているのです。

ニューベラスプラスのアロエベラ

スーパーフードで最近話題のニューベラスプラスにもアロエベラが
含まれており、多くのビタミンやミネラルをあわせて摂取することができます。


アロエベラ


ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、E、そしてナイアシンや
葉酸などが含まれています。このジュースには驚くほど多くの
必須ミネラルや必須ビタミンが含まれているのです。

またナトリウム、鉄分、カルシウム、銅、カリウム、マグネシム、
マンガン、クロムも含まれています。

そして19種類のアミノ酸。この19種類のうち8種類は
人体で作り出すことのできないアミノ酸です。

アロエベラには驚くような効用が数多くあります。それは葉の中のジェルが
万能薬だからということではなく、アロエベラが人体の栄養のバランスを整え、
これを補ってくれるからなのです。

おしゃれ犬バナー


ネットワークビジネスはインターネット展開で、に興味がある方はこちら


矢印
サンプルバナー
画像の説明