ネットワークビジネスとねずみ講の違いを理解していますか?

ネットワークビジネスねずみ講はよく混同されます。
一体何が違うのでしょうか。

今日は、この二つの違いについてご説明いたします。

ネットワークビジネスは、法律に定義された、合法である

ネットワークビジネスは、別名マルチレベルマーケティング(MLM)
と呼ばれ、日本では連鎖販売取引マルチ商法と呼ばれています。

商品の流通が、口コミなどで連鎖していくので
この名前がついています。

あなたが誰かから勧められた商品を気に入り、
会員登録をして購入したとします。

それを知人などに紹介して、気に入ってくれたらその人も
会員登録をして、あなたからではなく会社からその商品を購入します。

すると会社から「紹介してくれてありがとう」と宣伝広告費として
売上の何%かを還元してくれる、というものです。

ネットワークビジネスは、特定商取引法に関する法律、
というものの中に定められており、合法です。

ねずみ講は違法である

これに対し、ねずみ講は無限連鎖講という名前で定義されており、
違法です。

ネットワークビジネスと同じように、蜘蛛の巣のネットのように
広がっていくので間違えられ易いですが、全然違います。

では、何が違うのでしょうか。

ねずみ講

ネットワークビジネスとねずみ講の違い

大きく二つの違いが挙げられます。
まず、商品の有無です。

ネットワークビジネスは商品ありきです。その商品がいかに良いか
を、どれだけたくさんの人に広められるか、です。

ねずみ講は会員費が大きな収入源で、商品もサービスもありません。
あったとしても、それは一般のレベル以下で価値がありません。

もう一つは、収入源の範囲です。ネットワークビジネスには範囲が
決まっていますがねずみ講は無限です。

ねずみ講はトップレベルが一番下までの収入をとることができるため
先に始めた人が必ず儲かります。

それに対しネットワークビジネスは範囲が決まっています。
だから後から始めた人が収入を追い越すこともあり得ます。

ネットワークビジネスは権利収入になる

ネットワークビジネスの良いところは、権利収入になる点です。
もし登録してくれる人が増えて一つの組織になると、

あなたは何もしなくても誰かが買ってくれたら毎月収入があります。
権利収入というと、本など印税や不動産収入などがありますが、

一般市民が副業として活動しながら権利収入を得られるチャンスは
他ではないでしょう。

アメリカから始まったネットワークビジネス。まだにほんでは
きちんと認知されていないこともありますが、

じつはとても合理的で素晴らしい仕組みを持っているのです。


えっ、まだ知らないの?インターネット展開のネットワークビジネス

案内資料

a:115 t:2 y:0