ネットワークビジネスはどっちで??クチコミV.S.インターネット

商品やサービスの流通形態

まず、あなたは「ネットワークビジネス」
とは何かを正しく理解していますか?
商品やサービスを流通させる方法は大きく5つあります。

①小売り販売…皆さんご存知の小売り販売は薬局、スーパー、百貨店など。
       実店舗で商品を購入できるのが「小売り」です。
②直接販売…保険や調理器具、昔は百科事典などもありましたね。
      訪問販売など、1対1で何かを販売するものです。
③ネットワークビジネス…マルチレベルマーケティングのことで、
      ネットワークマーケティングとも言います。
④ダイレクトマーケティング…通信販売など
⑤オンラインマーケティング…ネット販売

日本では「ネットワークビジネス」という呼び方が一般的になってきましたが
外国では「ネットワークマーケティング」が一般的なようです。

また、「MLM」と言ったり、「マルチレベルマーケティング」も言います。
でも、残念ながら「マルチ」と聞くと「悪徳」というイメージが

日本ではまだ根強く残っているところもあるので
「ネットワークビジネス」という方が多いのでしょうね。

クチコミのネットワークビジネスは評判が悪い??

クチコミ、と聞いただけで引いてしまったり、構えてしまったり…
あなたはそういう経験がありませんか?

私がそうでした。

でも・・・

何でかな??とふと考えました。
確かにクチコミでネットワークビジネスをしていた時には

「話さなきゃ」「言わなきゃ」と身構えて
結局切り出せずに終わってガッカリ・・・とか

なんだか作戦練っているような自分に嫌気がさしたり・・・
そんなときに出会ったこのインターネットでのネットワークビジネス。

あなたが今まで散々嫌な思いをしてきて、
もうクチコミはこりごりならこれが正解!!

でも、クチコミが悪いのではない、とも最近思います。
私の、そしてかつていたグループのやり方の問題だったのです。

本当にその製品が、その会社が、そのグループが好きであれば
自信を持って「伝える」ことができたのかも知れない。

クチコミとインターネット、基本は・・・

クチコミにしても、インターネットにしても、基本は

「人と人」です。

これに尽きます。良いお医者さんをお探しているときや
レストランを探しているときなど、信頼できる人のアドバイスで
決めたりしませんか??

ネットで本や商品を買う時、買った人のレビューを参考にしたり
しませんか??

ネットワークビジネスは伝えるビジネスです。

商品の素晴らしさを伝え、その伝え方を新しい人に伝え、
そうして組織が大きくなっていくのです。

クチコミであってもインターネットであっても
ツールが違うだけです。

インターネットで記事を書いていると、書きながら情報がインプットされ
対面で伝えるポイントが分かってくることもあるようです(#^^#)

まとめ

ネットワークビジネスをするのにクチコミがいいか、インターネットがいいか。
結論は、どちらも一長一短ある。ということです。

ネットワークビジネスは、信頼できるビジネスパートナーが
いて初めて、成功への道が開けます。

そういう意味では、クチコミの方が元々信頼できる人に声をかけられるし、
対面の方が製品やシステムの素晴らしさが伝わるでしょう。

でも、興味の無い人にいくら声をかけても
うるさがられるだけですよねf^_^;



こんなやり方があったのか!インターネットで完結ネットワークビジネス


 木ネットワークビジネスの仕事内容 大公開

案内資料

資料請求

2017 矢印


サンプルバナー
};