ネットワークビジネスの歴史と気になる将来性は…

ネットワークビジネスの歴史はアメリカから

アメリカで誕生したと言われるネットワークビジネスですが
1930年頃の「カリフォルニアビタミン」が歴史の始まり

と言われています。その後、1946年にタッパーウエア、
1959年にはアムウエイ社と、続々と誕生しました。

1950年代からネットワークビジネスは発展し、その歴史は
世界中へと広がっていったのです。

日本には1963年にタッパーウェアが上陸し、1966年には
三基商事という日本のネットワークビジネスの会社も生まれました。

1979年には日本アムウエイが日本の市場に参入し、
ネットワークビジネスの歴史の始まりとなりました。


サプリ

日本のネットワークビジネスの歴史

1960年代以降アメリカから次々と上陸してきたネットワークビジネス
ですが、80年代頃は偏見の目で見られることが多かったようです。

それは、ネットワークビジネスに似せたねずみ講や、いわゆる
『マルチまがい商法』が横行したことに起因します。

そこで行政が様々な法規制を実施しました。2004年に
『特定商取引法』が改正されてから、悪徳商法は減少しました。
ダメ
それでもかつての悪いイメージを払拭しきれておらず、
「マルチ」と聞いただけで「悪徳」と勘違いされることもあります。

現在日本には1000社以上のネットワークビジネスの会社があり、
500万人以上がネットワークビジネスに参加していると言います。

愛用者を加えると、実に人口の45%が何らかの形で
ネットワークビジネスに関係しているとさえ言われます。

日本のネットワークビジネスの歴史は、ようやくアメリカに
追いつこうとし始めましたが、まだまだその差はあります。

日本のネットワークビジネスの将来性

アメリカでは市民権を得ている、とも言えるネットワークビジネスですが
日本においての将来性はどうなのでしょうか。

日本の高齢化社会は益々進んでいき、社会の構造は大きく変化しました。
それに伴い、健康志向も顕著になってきています。

又、バブル崩壊後、昔ながらの終身雇用制、年功序列制が崩れ、
人々の働き方も変わってきています。

先の見えづらい日本社会への不安を持つ人は少なくありません。
5人に1人の割合で副業をしていると言われています。

更に2000年初めにはまだそれほど普及していなかったインターネット
今や相互通信の中心を占めるようになりました。

2003年頃から、ネットワークビジネスでも従来の対面での勧誘方法から
インターネットを使った集客方法が始まりました。

ネットワークビジネス インターネット

誰でも身近にできる、インターネットを使ったネットワークビジネスは
ローコスト、ノーリスクの副業で、将来性は高いということです。


誰でも成功できる方法はインターネットを使えばできる

案内資料


a:111 t:1 y:0