ネットワークビジネスで確定申告の必要は? 消費税の扱いは?

ネットワークビジネス、確定申告の必要はある?

年が明けると話題になる、確定申告って聞いたことありますでしょう?
ネットワークビジネスに携わっている人は、関係ある??

まず、確定申告とは何か、確認してみましょう。前年1年間
(1月1日から12月31日)の『所得』『所得税額』を計算して

所得税を納める手続きのことです。会社員の場合はお給料から天引き
されていますから、確定申告の必要はありません。

ネットワークビジネスのディストリビューターは「個人事業主」
ですから、通常天引きはされていません。

では、全員が確定申告を行う必要があるのでしょうか。
確定申告

ネットワークビジネスの確定申告 丸わかり

国内に事業所のあるネットワークビジネス企業の場合、報酬から
基本10%の所得税を引かれて支給されます。

外資系の場合は、引かれていない場合もありますから、
確認が必要です。

しかし、これは見込みの金額が引かれているので正確な金額ではない
場合も。そこで、計算してみると払いすぎている場合があります。

その場合、確定申告をするとその払い過ぎた税金が、戻ってくる
ことがあるのです。確定申告はしないと損をしてしまうかも、です。
フリーランス

ネットワークビジネスで確定申告が必要なのはいくらから?

・仕事を持っている人…年間20万円以上の副収入で所得税が発生                        →確定申告必要

・仕事を持っていない人…年間38万円以上の副収入で所得税発生                        →確定申告必要

会社員やOLで、本業をしながらネットワークビジネスの収入がある方で
ネットワークビジネスの報酬が20万円を越えるとき、確定申告が必要です。

専業主婦で、ネットワークビジネスを専業としている場合で
上記のような仕事を持っていない人は、ネットワークビジネスの

報酬から経費を引いた所得が年間38万円以上あれば
確定申告の必要があります。

その他色々なケースがありますから、
税務署に問い合わせて調べておくとよいでしょう。

又確定申告には「白色申告」「青色申告」があります。
簡単に説明すると、白色はお小遣い程度の方。

200万円を越える所得のある方は、青色が向いているでしょう。

ネットワークビジネスの確定申告をするための準備

確定申告をする時期は、2月中旬から3月中旬の1か月です。
いざ申告しようとしたときに慌てないように、準備しておきましょう。

①個人用の通帳とは別の通帳に振り込まれるようにした方が便利
②経費の領収書を保管しておく

確定申告が必要な場合、会社発行の『支払い明細書』か
『源泉徴収票』が必要です。

1年の全所得から計算すると、所得税を払い過ぎていた場合や
経費がかかり過ぎていて、実は赤字だった場合は

確定申告をすると、お金が返ってくる場合があります!!
経費の領収書は失くさないように保管しましょう。

ネットワークビジネスにかかる消費税

事業の売り上げが一千万円を越えると、消費税の課税対象に
なることはご存知でしたか??

しかも、この消費税は例え事業が赤字でも、総売り上げが
一千万円を越えたらかかってしまうのです!!

もう少し詳しくみていきましょう。

ネットワークビジネス 購買型か販売型か

ネットワークビジネスには購買型と販売型、2つのタイプがあります。
販売型は、商品を仕入れて販売する、小売店方式です。

ということは、販売した金額の全てが事業売上です。売り上げの中
には当然原価である購入費が含まれます。

この場合、売り上げが1000万円を越えると、消費税の課税対象に
なります。所得税の他に、です。たとえ赤字でも、です。

これに対して購買型、つまり商品の仕入れが無く、注文が入ると
会社から購入者に直接発送される形式の場合は、

会社から得る報酬のみが事業売上と計算されます。ということは、
年間の報酬が1000万円までは消費税がかからない、ということです。

税金の面からも、仕入れ品を自宅に置く必要がないということ
からも、購買型のネットワークビジネスは魅力的ですね(^_-)-☆


資料請求

案内資料

ネットワークビジネス


ネットワークビジネス


サンプルバナー

画像の説明


a:224 t:3 y:1