パラサイト ペアレンツ/シングル と呼ばないで

ネットワークビジネス、
パラサイトと呼ばれない経済的自立を目指す

パラサイト ペアレンツ、パラサイト シングル

一昔前に言われるようになった「パラサイトシングル」という言葉
覚えていらっしゃる方もいると思います。

『パラサイト』とは「寄生虫」という意味なんです。シングルは「独身」
「学卒後、独立することなく親の元で暮らし、経済的にも依存している独身」

と定義されています。その昔、学卒後、就職していない人は

「家事手伝い」などと呼ばれましたが特に問題視されていませんでした。


パラサイト ペアレンツ シングル


でも、高齢化、少子化による労働人口の減少や、男女雇用機会均等法によって
「家事手伝い」の学卒後の就職していない人達が経済を悪化させる

一つの要因になっている、とみられるようになり、親にパラサイトする独身、
という意味で「パラサイトシングル」という言葉ができました。

その後「パラサイトペアレンツ」という言葉も出てきました。
これは、両親に子育てや金銭的支援を過剰に要求する、若い共働き夫婦
のことを指します。


パラサイト ペアレンツ シングル


子供を両親に預けて頻繁に飲み会に行ったり、教育資金目的の子や孫への
贈与が一人当たり1500万円まで非課税になったことから、

学費を両親に頼る夫婦も少なくないようです。子育て世代の所得が伸び悩んでおり、
共働き世帯が増えたことから、実家の両親にパラサイトし続ける夫婦も多いようです。

もう一つのパラサイト ペアレンツ

親のスネをいつまでもかじる若い夫婦のことを「パラサイトペアレンツ」
ということもありますが、もう一つの意味もあるようです。

それは、定年退職して年金暮らしをしている両親が、老後の資金が
不足していて全面的に子供に依存する親のこと、だそうです。

どちらにしても、現代の社会問題が浮き彫りにされていますよね。

親に「パラサイト」しない子、子に「パラサイト」しない親。
互いに「パラサイト」するのではなく、親は親、子は子の生活を

きちんと営む、というのが理想ではあります。
「パラサイト」と「介護」は勿論別の問題です。

パラサイトと呼ばれないために、経済的独立を

パラサイトペアレンツ、パラサイトシングルになりたくなくても、
経済的な問題で致し方ない場合もあるでしょう。

無職でなくても、低賃金、税金や年金は増える、という状況では
サラリーマンではなかなか給料を増やすことは難しいですよね。

それなら、財源を増やすことを考えてみては如何でしょうか。
隙間時間を使って、在宅でできるネットワークビジネスなら、

安心して副業から始め、徐々に本業にシフトしていくこともできます。
ネットワークビジネスは、構築できたら永続的に収入を得ることができる、

『権利収入』になります。
パラサイトと呼ばれないために、しっかりとした財源を確保する、

その為の手段として、ネットワークビジネスも一つの選択肢
かも知れません。

憧れの不労収入生活への近道をここで見つけた!

案内資料


パラサイト ペアレンツ


a:74 t:2 y:0