ペットの悩みに応えるには在宅ワークにシフト

ペットの悩みは数々・・・
どうやって解決していくか考えよう

愛犬についての悩みトップ5

一般社団法人ペットフード協会の調査によると、
日本では現在合計約2千万頭の犬・猫ペットとして飼われているそうです。

ペットがいることで一人暮らしの人も孤独感ストレスが消えたり、
家族の会話が増えたり、気持ちに張りが出たりと、

気づかないうちに良い作用が働いていることが多いです。
しかし一方で、ペットについて悩みを抱えている飼い主も多いようです。

「アイリスペットどっとコム犬といっしょ」というペットWEBマガジンが
発表したペット、特に愛犬に関しての悩みについてのランキングによると、、、

愛犬についての悩みトップ5は・・・
①長期間、家を留守にできない
②鳴き声・無駄吠えが気になる
③抜け毛
④臭い
⑤肥満

という結果が出ています。昔は二世代、三世代同居は珍しくありませんでしたから、
ペットがいても家族全員が家を空けることはあまりなく、

このような悩みは少なかったでしょう。でも、最近は核家族が多いですし、
一人暮らしでもペットを飼う人が増えてきて、悩みも増えているようです。


ペット 悩み

ペットがお留守番しなければならないときは・・・?

仕事や旅行でどうしても家を空けなければならない場合、飼い主に代わって
ペットの面倒をみてくれる人やペットホテルなどのサービスを
利用しなければなりません。

ペットホテルは大体1泊4000円前後の所が多く、高額な費用がかかって
しまいます。他に世話をする人がいない状態では、長期間家を空けづらい
といった悩みを抱える人が多いようです。

もともと猫は単独生活を送っていたのですが、犬は群れを作っていましたから
孤独に弱く、基本的にひとりぼっちは大嫌いです。

一匹の状態が長く続くと、強いストレスを感じ、「分離不安症」
になってしまう可能性もあるのです。

犬は昔は穴倉で暮らしていたので、狭い所は落ち着くようです。
逆に動き回れる範囲が広いと興奮しやすくなるという性質があるので、

長時間でなければ、トイレ、ハウス、お水などと一緒にサークルや
ケージに入れてあげると安心してお留守番ができるようです。

我が家には二匹の犬が居ます。どうしても仕事で家を空けなければならない
事が多くなってきて、一匹で留守番させるのが悩みでした。

それで後からもう一匹お迎えしました。
留守中はどんな風に過ごしているのか見てみたいものですが、

二匹になっても出かける時の寂しそうな顔、帰って来た時の嬉しそうな
様子を見る度、置いて出るのは本当に胸が痛み、悩みの種です。

ペットのお留守番が心配なあなたに

そんな時、在宅でできる仕事はないかな、と探していて見つけたのが
今私の居るグループです。

ネットワークビジネスがインターネットでできるなんて!
と驚きました。

ネットワークビジネスって誰かを誘って口コミ
広げていかなきゃならないと思っていたからです。

でも…。考えてみたら、今の時代は何でもインターネットです。
買い物だって、調べ物するのだって、連絡とりあうのだって、何でもネット。

ならば、ネットワークビジネスだってうまくいかないはずはない!

いつも私を癒してくれる可愛いワンコ達のため、何よりも
自分の身体のために在宅でできる仕事があれば願ってもないチャンスでした。

そして、そのチャンスを私は逃しませんでした。

いつもいつも後ろ髪引かれながら出かけていた私ですが、
今では愛犬達とのんびりタイムが増え、悩みは解消しました。

ペットの悩みと在宅のネットワークビジネスは相性抜群です!


next 木50代からの再就職

案内資料


矢印
サンプルバナー
資料請求


a:159 t:1 y:0