繋がりを考える、ホリスティックな生活しましょ。

ホリスティックな生活
現代社会を生きる私たちに大切なキーワード

ホリスティックという言葉の響き

『ホリスティック』という言葉から、あなたはどんなイメージを持ちますか??
私はその響きから「聖なる」というようなイメージを持っていました。

でも「ホリスティック」には『全体』『全人的』という意味があります。
ギリシャ語のHolisという言葉からきているそうです。

ここから派生した言葉には、whole(全体)、heal(癒す)、
holy(聖なる)、health(健康)などがあります。

人間を単なる肉体として捉えるのではなく
『心と身体と魂の統合された存在』と捉えるのが
ホリスティックな考え方です。

心は心、身体は身体だけの分類した一部分だけを見るのではなく
トータルな存在としての人間全体を見ることを主眼としています。

反対に西洋の思想は全てを分けていきます。
アトム、原子という言葉はアがnot、トムが分けるという意味で
もうこれ以上分けられないというところまで分類して解明しようとしたのです。

ですから西洋医学では、身体に悪いところあがあればそこだけ切り取ろう、
痛いところがあれば、そこをブロックしよう、という
ある意味人間を機械の部品のように捉えるところがあります。

人間の自然治癒力

東洋医学の考え方では、人間に与えられた生命力、
すなわち自然治癒力を稀有なものとして崇め

病気はその人の生き方に何らかのバランスの狂いが生じていることを
伝えるメッセージであると捉え、そのバランスの回復とともに治癒できる
ということです。

特に「経絡」と言う気(エネルギー)の通り道が心と身体をつなぐ
大切な物として考えられて来ました。

私達は日々様々なストレスにさらされており、この気の通り道
滞ってしまい、心や身体に様々な不調が現れるのです。

ホリスティックとアロマテラピー

東洋のホリスティックな考え方と、西洋のアロマテラピーを
上手く取り入れることで、全てのバランスを整える、という
新しい方法が最近取り入れられています。

アロマとは「芳香」 、 テラピー(セラピー)は「療法」のことで
香りを使った自然療法です。すでに欧米では医療にも取り入れられ、
最近では国内でも“補完的代替医療”として注目され始めています。
 
「アロマテラピー」とは、植物から抽出した100%天然の精油
(エッセンシャルオイル)を使って行う『精油療法』を言います。

植物の香りの成分には様々な薬効があり、私達の脳や皮膚を通して、
その時々の心や体の機能に直接働きかけてくれます

特に素晴らしいのは精神面や感情面に対して作用すると言う事。
植物のエネルギーは、心の不調の助けとなる働きも持っているのです。

単に香りを楽しむだけでなく、心と身体の双方に素晴らしい働きをする。
それが「アロマテラピー」なのです。

案内資料

サンプルバナー
資料請求