マミートラック??働く女性もネットワークビジネスが応援

働く女性を応援!
マミートラックもネットワークビジネスで

マミートラックとは

「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつです。
仕事と子育ての両立はしていても昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースを指します。

バリバリキャリア系を目指して仕事を頑張ってきた働く女性が
育児休業が明けて社会復帰した際、補助的な職種や分野で、

時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえなくなり
キャリア形成をあきらめてしまう状態の事をマミートラックと言います。
マミートラック
会社側としては、時短勤務であり、子供の事情でいつ休むかわからない
働く女性への配慮という意味もあるかも知れません。

それを望んで選択する働く女性もいるでしょうから、その場合はいいですよね。
でも…望まない人もたくさんいるのです

キャリアコースが二分化している

 
マミートラックが生まれる要因の一つには、日本の「長時間労働」
美徳とする背景があることも否めないでしょう。

いくら政府が「働き方改革」を推奨していても、企業側が組織全体で
改革をしていかなければ、何も変わらないということです。

現在日本の多くの企業では、産休明けの働く女性は残業ができないことや
子供の病気による急な休みがあることなどから、出産前とは職種が変わり、

責任の軽い補助的業務にならざるを得ないのが現状です。
管理職には仕事だけに集中できるわずかな子供のいない女性に限られます。

こうして多くの企業では女性のキャリアは「女性管理職コース」と
「マミートラックコース」に二分されているのです

それでも女性は働き続けた方がいいのか

 
企業側は優秀な人材を失ってしまうことになっているかもしれません。
マミートラックにはまった働く女性は、望んでいるなら良いのですが

キャリアの面から見ると、ブランクのある女性の再就職はこの日本社会では
まだかなり厳しくマミートラックは企業側、女性側ともにデメリットです

社会全体が不安定な今、働く女性は出産後も安心して働けることは
日本全体の命題であると思うのです。

マミートラックを解消するには、企業の職場づくりだけが必要ではありません。
すぐにでも協力、可能にできることがあります。

それは…『イクメン』の邪魔をしない、ということです!!

いきなり、就業時間内に効率的に仕事を終えて保育園へ子供のお迎えに行く
という男性に対して、にこやかに送り出すことまではまだ難しいかもしれません。
イクメン
でも…「俺の時代はなぁ…」とか「男が育児だなんて…」などと上司が言わない
ようにするでけでも職場は変わっていくのではないでしょうか。

イクメンの後押しをするためにネガティブな一言を言わない人が増えると
活躍する女性が増えるでしょう。それが日本の成長につながるのです。

自分のキャリアについて考えてみよう

不本意にもマミートラックに陥ってしまった、ということのないよう、
早い段階で自分のキャリアについて考えておくことは働く女性に大切です。

でも、家族との時間を大切にしたい。働きたいけれど昇進は望まない。
敢えてマミートラックを選択する働く女性もいるのではないでしょうか。

家族の為収入を得たい、自由になるお金が欲しい、社会と繋がっていたい
働く女性が勤める理由は様々ですが、産休明けのマミートラックは

悪くはない、、、という方、家族との時間を大切にできることや
重い責任を負わず就業できる、などのメリットは魅力的ですよね。

それなら・・・在宅ワークにシフトする、というのも選択肢です。
インターネットを使ったネットワークビジネスは、口コミしません。
インターネットビジネス
インターネットを使うので、自分の好きな時間に仕事ができ、
小さいお子さんがいても隙間時間を有効に使うことができます。

マミートラックを怖がる前に、働き方をもう一度考えてみては如何でしょうか。