ミトコンドリアはアンチエイジングの主役

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

アンチエイジングとは

アンチエイジングで大切なのは、「食事」「運動」「心」です。
でも、体の機能の面から考えると「抗酸化」「代謝」が重要です。

アンチエイジングとは、老化に対抗することですが、
では、そもそもなぜ私達人間は年をとるのでしょうか?


ミトコンドリア アンチエイジング


空気中から取り入れた酸素と、食べ物から取り入れた栄養素とが
人間の体の中で結びついてエネルギーをつくり出し、活動しています。

人間が活動すると体内に『活性酸素』が発生します。活性酸素は例えるなら

車の排気ガスのようなもので、体をつくっているタンパク質、脂肪、DNA
などを酸化して錆び付かせ、老化を進めます。

これに対抗して体が錆びないようにするのが『抗酸化』のシステムです。
人間の体内には酸化と戦う抗酸化酵素があり、不要な活性酸素を取り除きます。

それから、私達が食べものをエネルギーに変え(=代謝して)
生きていること自体が老化する原因だという「代謝理論」があります。

どんどん食べて、エネルギーを消費していくこと自体が年をとること。

現在、私達が生活の中で実践できるアンチエイジングのほとんどがこの
「抗酸化」と「代謝」に通じるといっても過言ではありません。

アンチエイジングの鍵を握るミトコンドリア

アンチエイジングのキーマンの一つが、ミトコンドリアと言われています。


ミトコンドリア


私たちの体の細胞一つ一つに存在するミトコンドリア
一つの細胞の中にミトコンドリアは約100個~3,000個ほど存在します。

ミトコンドリアが細胞の中にたくさんある人はスタミナがあり疲れにくく、
少ない人はよくバテたりやる気がなくなったりします。

ミトコンドリアはエネルギーを生み出す器官です。

人は生きていく上でエネルギーを必要とします。そのエネルギーとは
ATP(アデノシン三リン酸)というもので、ミトコンドリアが生産します。

エネルギーの元となるのは脂肪・糖、そして酸素です。
ミトコンドリアはこれらをもとにしてエネルギーであるATPを作ります。

ATP(アデノシン三リン酸)の働きとは・・・

・筋肉を動かす
・脳を働かせる
・神経伝達を可能にする
・消化器官を動かす
     などなど

人が生きていく上で必要なエネルギーを生み出すという重要な働きを
ミトコンドリアは担っているのです。

質のよいミトコンドリアを増やすことが重要

ミトコンドリアは、エネルギーを生み出す人間には欠かせない働きを
しているのですが…エネルギーを出すとき、同時に排気ガスのような
「活性酸素」を発生させます。

活性酸素は少しであれば有効に活用されますが、活性酸素が増えてしまうと
良くない働きをします。
 
たくさんのミトコンドリアが余裕を持ってエネルギーを作っているときは、
活性酸素はそれほど問題になりませんが、

数少ないミトコンドリアが必死に稼働してでエネルギーを作るとき
活性酸素がたくさん排出されてしまいます。

年齢を重ねると、ミトコンドリアの数は減少していき、さらに
ミトコンドリアの働きも低下していきます。


ミトコンドリア アンチエイジング


それを防ぐのは、運動です。それも、ただ歩くだけの運動では足りません。
かと言って、あまり自分にプレッシャーをかけても続きません。

運動は続けなければ意味がありません。

そういう人は普段の生活の中で早歩きを取り入れましょう。
早歩きを一分行い普通に歩く。早歩きを一分行い普通に歩く。

最初は短時間でも、継続することが大切です。
これを繰り返すことでミトコンドリアが活性化し、徐々に増えていきます。

ミトコンドリアを減らさない、元気な若いミトコンドリアを
維持することが、全身の若さにとても重要というわけです。

年をとればとるほど、代謝を維持・改善するような対策が必要となります。
運動以外にも、食物でミトコンドリアを増やす方法があるそうです。

イカタコカキなどに含まれる「タウリン」には、ミトコンドリアを
増やす効果があることがわかっているのです。
ミトコンドリア アンチエイジング
また、ビタミン B 群はミトコンドリアがATP(アデノシン三リン酸)を
作るのに必要な栄養素です。

近年、クロレラにも同様の効果があるのではないかと言われています。

それから最近話題の水素水。この水素水にはミトコンドリアを保護する
役割があるそうですので、そういった意味でも注目ですね!

ネットワークビジネスでアンチエイジング

ネットワークビジネスの会社には、アンチエイジングに
関連する商品がたくさんあります。

アンチエイジングとネットワークビジネスは相性がとても良いです。

ネットワークビジネスは広告費がかかっていない分、
費用の多くを製品開発にかけることができます。

お気に入りの製品を愛用しながらビジネスもできます。
あなたも愛用の一品を探してみてはいかがでしょうか。

案内資料
サンプルバナー
a:148 t:1 y:2