メンタル疾患はいつ誰に起こってもおかしくない

メンタル疾患に備え
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

メンタル疾患は身近な病

メンタル疾患は5大疾病の1つです。うつ病や統合失調症などのメンタル疾患は
今や他人事ではなく、身近な病気と言えます。

厚労省は、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病のいわゆる4大疾病に、
メンタル疾患を加えて5大疾病とする方針を発表しています。

厚生労働省によると、メンタル疾患と診断されたり治療を受けたりする人は
2014年には392万人と、1994年と比べると約2倍になりました。

メンタル疾患の中でも特にうつ病は、誰もが罹患する可能性があります。
一生の間にうつ病に罹患する割合は、およそ15人に1人くらいだそうです。

ストレス社会の中でメンタル疾患が増加する

企業の中でもメンタル疾患になる従業員が増えていると言われます。
一般的に真面目で几帳面な人ほどなり易いと言われています。
メンタル疾患 ネットワークビジネス
成果主義と言われ、仕事の効率化が求められることが多いです。
スマホなどの普及で終業後や休暇中も離れられないなど
仕事のストレスは増すばかりでしょう。

昔は隠す傾向にあったメンタル疾患も、最近は隠したりせず、むしろオープンにして
会社に対応を求めてくる従業員が増えてきたので、増加しているという印象が
強まっているもかも知れませんね。

また業務上の理由でメンタル疾患に罹患した場合に、労災として認定される
ようになったことで、うつ病などの労災申請が高水準で推移しています。

メンタル疾患とはどんなもの?

メンタル疾患、つまりこころの病気といっても、種類も症状も様々です。
こころの病気を診断し、病名をつける方法は体の病気とは全く違います。

体の病気の場合、病名は臓器の種類や部位、原因によって分類されるますが、
こころの病気は、主に脳というひとつの臓器が対象です。

また原因がわかっていない疾患が多いという特徴があります。
ですから現在では特徴となる症状、持続期間、それによる生活上の支障が
どの程度あるかによってを中心に診断名をつけます。

とはいえ、社会的な環境やストレスの状態も含めて総合的に診断することは
その後の治療方針を決める上でとても大切です。

企業労働者の方々が発症するメンタル疾患の代表的なものにうつ病があります。
うつ病とは、気持ちの元気がなくなり、身体にも症状が出現する病気です。

職場の上司や周囲との人間関係、過重労働や過大なノルマ、配置異動や職場不適応、
また家庭での親子や家族の問題などがストレスとなり発症してしまいます。

自分ではそれほどストレスを感じていないのに、こころや身体に負担がかかり、
症状が出現してしまうと、気づきにくいこともあります
うつ病
何かに対してストレスを感じて気分が落ち込む、仕事をやる気が起きないなど、
こころの不調は誰もが一度は経験するのではないでしょうか。

ストレスがかかりすぎて、気分が落ち込み、不安やイライラ、不眠、頭痛、
肩こりや胃もたれが続く状態を「適応障害」といいます。

適応障害の状態がしばらく続いたり、ストレスがどんどんひどくなってくると
自分に自信がもてなく自己否定感が強くなり、悲観的になって自分を責めてしまい、

ストレスを取り除いてもこころと身体の症状がなかなか改善しません。
このような状態がうつ病です。

メンタル疾患を保障

メンタル疾患にかかってしまうと、治療には時間がかかります
その間、仕事はできないことが多いです。

長期間仕事ができないことによる収入減に備える保険には「就業不能保険」
があります。でも、メンタル疾患は対象外のものが多いようです。

しかし、朝日生命、チューリッヒ生命などの保険会社が特約として
メンタル疾患での収入減のサポートをする商品を出しています。

又、東京海上日動火災保険などの損保でも、企業向けの保険に特約があります。

公的医療保険では、精神疾患で通院医療を受ける場合、医師の診断書などを
揃えて申請すれば、医療機関の窓口負担が通常の3割から1割に軽減されます。

会社員の場合でも概ね給料の3分の2が傷病手当金として、
最長1年6か月間支給されます。

まずは、メンタル疾患で働けなくなる可能性が誰にでもあることを
念頭に置いて色々な備えをしておくことは、大切ですよね。

元気なときにメンタル疾患に備えよう

どんなに備えていても、やはりメンタル疾患はかかってしまった
本人の辛さは計り知れません。

また、それを支える家族精神的にも、肉体的にもかなりの
負担を強いられるものです。

何かあった時の為の備えを保険に頼らない、という選択肢もあります。
ネットワークビジネスはその組織が構築できれば、「権利収入」を
手に入れることができます。
メンタル疾患 ネットワークビジネス
インターネットを使ったネットワークビジネスは
毎朝の通勤ラッシュや納期に追われることも無いのでストレスフリーです。

自分のペースで仕事ができるのは、本当にありがたいことです。

ご案内

a:168 t:1 y:0