親の介護問題が深刻化する前に考えておきたいこと

介護が必要になる前に、親に確認したいこと

多くの人にとって親が元気なうちは目を背けていたい、「介護」という2文字。
でも、いずれやってくる現実です。

高齢でも身体は元気、自身の介護問題など疑っていない親に、
子供の立場の私たちはどう切り出せばよいのでしょう。

まず、元気なうちに介護が必要になったら在宅か施設か、
どこで介護されたいか、意思を聞いておくことが大事です。

もう1つは延命を望むか望まないか。面と向かって聞きづらいですが、
これを聞いておけば、いざその時になって後悔しなくて済みます。


ネットワークビジネス 介護 親};

介護認定を受けること 

そして親が75歳になって、もちろんその前にでも少しでもあやしい
ところがあれば、要介護認定の検査を受けてもらうと良いです。

65歳の誕生日前に送られてくる介護保険証を持参して、役所の
介護保険課窓口に行って申請、受理されたら自分が立ち会える日に

認定調査員に来てもらって、要介護認定の調査を受けます。
約1カ月後、認定されれば介護保険証が送られてきます。

今、介護は激変しています。これから介護を始める人は大変です。
介護保険、医療保険も財政破綻でサービス削減だけでなく

負担も増えていて、ヘルパーさんの数も圧倒的に不足しています。
要介護3以上で入所可能な特別養護老人ホームに希望する待機者は

国の政策転換で減りつつあるようですが、肝心の職員が確保できず

入所できない人があふれています。

介護保険制度はどんどん難しくなり、一般の人はそれに追いついて
いけなくなっています。親と離れて暮らしている場合は、尚のこと大変です。

行政からの発信はない

行政の行っているセンターなどは、利用者が利用してくれるのを
待ってはいますが、自ら発信することはないです。

「介護」というと、寝たきりの老人の食事や排せつ、入浴の世話などの
印象が強いですが、本来はそうではないですよね。

長年続けてきた生活少しでも戻すことだと思います。そうすれば、
お年寄りも亡くなる直前まで普通の生活ができます。

でも…現実には難しいですよね。人手が足りません。
私たちも働きながら親の介護するのであれば、ゆっくり時間をとれません。

親の介護に入る前に在宅ワーク

いざ、親の介護が目の前に迫ってきたとき、準備をしていないと
どうしてよいのか慌ててしまうでしょう。

仕事もすぐに長期休んだり、辞めたりするわけにはいきません。
備えあれば憂いなしです。

上記のことをよく考えておくこと。そして、仕事も在宅でできれば
ゆっくり介護の時間をとってあげることができます。


ネットワークビジネス 介護 親


介護保険も、年金も、退職金も…全てあてにならない、と考えて
おくべきでしょう。で、あれば…

インターネットのネットワークビジネスにご興味のある方はコチラ


next 木ネットワークビジネスの仕事内容大公開

資料請求


矢印
サンプルバナー


パンフレット


a:182 t:1 y:0