介護保険事情どうなってる?ネットワークビジネスで備えよう

介護保険とは

日本は高齢化が進んでおり、介護を受けなければならない人が
これからますます増加することでしょう。
 
介護保険とは、年をとって介護が必要になっても、大きな経済的負担を負わず
質の良い介護サービスを受けられるための社会保障制度です。
 
介護保険は、日本国民が40歳を迎えた月から加入することが
義務付けられています。


介護保険 ネットワークビジネス


40歳から64歳までの医療保険加入者の場合、医療保険に上乗せして
徴収されています。65歳以上になると主に年金からの天引きで支払われます。
 
介護保険料の支払いは、年金や健康保険と同様に、国民の義務
健康保険は、病気のある人もない人も、皆が保険料を支払って
いざというときに備えますよね。

介護保険も同じです。既に介護が必要な状態にある人も、
そうでない人も、皆が支払って助け合う必要があります。
 
これらの保険料と税金を財源に、いざ介護が必要になった時に
個人の費用負担を1~2割ですむように減らしています。

2000年にこの制度が始まった時には、要介護者の負担は1割でした。
しかしその後見直しが行われ、要介護者が一定の収入以上の場合、

2割に引き上げられました。2割、というと少なく聞こえるかも
しれませんが、1割→2割は2倍ですからね。少ないとは言えません。


介護保険 ネットワークビジネス

介護保険はどんな時に利用できる?

介護保険は国の税金を使うのですから、誰でも使える訳ではありません。
介護保険を使うには、以下に挙げる3つの条件が必要です。
 
(1)『要介護認定』されていること
  税金を使って介護をサポートする必要があるかどうかを、
  専門機関が審査した上で、認定されます。

(2)ケアマネジャーが作成するケアプランに組み込まれていること
  介護の計画をたてる専門家がケアマネジャーです。通称『ケアマネ』。
  そのケアマネが、介護を受ける人の状態・家族環境などをふまえ、

  どんなサービスが必要なのかを決めたものが『ケアプラン』です。
  ケアプランは一人ずつ状況や状態によって内容が異なります。

(3)介護リフォームや介護用品のレンタル・購入の場合
  ・その工事や商品が介護保険の給付対象であること
  ・ケアマネに事前申請し、所定の手続きを行うこと

介護保険を利用する際には、このケアマネがとても重要な役割を担っています。
知識や経験があり、親身になってくれる良いケアマネを見つけること。

そして、そのケアマネに自分達に合ったケアプランを作成してもらうこと。
これが、介護がスムーズにいくかどうかの鍵だと言ってもいいでしょう。
 

値上がりする保険料

介護保険は、利用者が増えれば増えるほど保険料が上がる仕組みです。
高齢者が年々増えている今、保険料も値上がりを続けています。


介護保険料推移 グラフ
画像クリックで拡大表示できます


☝これは保険料の推移を表したグラフです。年々上がり続けて
いるのが一目瞭然ですよね・・・(*_*;

一方で介護保険サービス事業者に支払われる介護報酬が引き下げられ、
小さいデイサービスなどは閉所に追い込まれた所もありました。

介護職に就いている人達への待遇も、良くなるどころか悪化していて、
介護職者の離職にも歯止めが利きません。

今後は介護保険料をどこまで引き上げるのか、消費税などを増税して
財源を確保するのか、要介護者の負担割合は益々増えるのか、
人財の確保をどうするのか、など、問題は山積みです。

今からでも遅くない!ネットワークビジネスで介護費保険に頼らない

不安材料しか見えてこない介護保険ですが、もちろん、日本全体の
問題として、今後何らかの打開策ができることは期待します。

でも・・・そうこうしているうちに、自分の番がやってきます。
そう、年齢、老いは人間全員に平等にやって来ますから…。

その時になって、介護保険が益々苦しい状態になっていても
ただ嘆いたり恨んだりしても始まりません

今から自分で準備するのが一番確実で、安心です。
在宅でできるネットワークビジネスなら、介護保険の心配も解消できます。

まずは副業として始めて、健康を害した時、家族の側にいなけらば
ならない時、もう一つ収入源があれば安心です。

介護保険とネットワークビジネス。これからの大介護時代に
一つの提案として、考慮する価値はあるかも知れません。

将来不安なあなたに朗報!インターネット展開のネットワークビジネス

介護保険 ネットワークビジネス


a:99 t:1 y:0