働き方改革!副業のススメ。ネットワークビジネス

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

自分で働き改革を推進しましょう。

政府が推進している『働き方改革』ですが、あなたや
あなたの周りでは何か変わりましたか?

日本のビジネスマンの生産性は、先進国中で最下位だそうです。
日本ではいまだに長時間労働が美徳、という風潮がどこか残っていますよね。

でも、欧米ではいつまでも会社に残っている人は「仕事ができない人」
とみなされてしまいます。


働き方改革 副業 ネットワークビジネス


『日本のビジネスマン、24時間戦えますか?』と、かつてバブルの頃に
栄養ドリンクのCMがありましたが、今の世の中それでは回っていきません。

働き盛りの世代が介護に手を取られたり、少子高齢化の問題などにより、
日本は、働き方変革を余儀なくされています。

政府が提案した『働き方改革』とは、長時間労働を抑制して、
年次有給休暇の取得を促進しましょう、ということです。

でも頭では分かっていても、じゃあ、明日から毎日5時終業にして、
6時には会社を出ましょう、なんて規則を作ったところで

残った仕事を自宅に持って帰ってやらないと終わらない。
オフィスが自宅のリビングに代わっただけだ、なんて声も聞こえます。

結局、政府や会社のトップが必死で『働き方改革』を叫んだところで
なんの改革にもならない、というのが実情のようです。

何とかして少ない働き手の一人一人の収入を増やし、経済の活性化に
繋がらないか、と政府も必死です。
働き方改革 副業 ネットワークビジネス

日本政府が副業を容認することに!

働き方改革の一助となるのが『副業』です。今まではサラリーマンの
副業は禁止されていました。ところが・・・

政府が日本企業の就業規定を、原則副業禁止から原則副業容認
転換することが話題になっています。

続く不況の中で、日本でも副業に対する意識が以前に比べて
非常に高まってきております。

基本、会社員の副業は禁止されていましたが、日本経済の活性化
のために政府が副業を促進し始めているのです。

複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくるとのこと。
働く人の収入を増やして、新たな技能の習得も促すそうです。

政府の副業や兼業についての普及は極めて重要だ、という見解は、
「副業は後ろめたい」という多数の誤った認識を覆す、嬉しい発表ですね!

中小企業庁の委託調査によると、副業の希望者は370万人に達するそうです。

IT関連企業では「会社の資産を毀損しない限り報告も不要」にし、
柔軟な働き方を認めているそうです。

自家用車で人を運んで対価を得るライドシェアの米ウーバーテクノロジーズや
民泊のようなシェア経済も、副業が支えています。

これからは本業と副業という枠組みではなく
複数の収入源がある複業が当たり前になるのかも知れません。

在宅のネットワークビジネスは副業にも本業にも最適!

これから副業を考えようとしているあなたには、選択肢が幾つもありますね。
せっかく政府が後押ししてくれるようになるのだから、良い選択をしたいですね。

在宅でインターネットを使ったネットワークビジネスは、
副業と相性抜群です。一日の隙間時間を使って、始めることができます。

副業から始めて、本業にする人もいます。


働き方改革 副業 ネットワークビジネス


しかも、初期費用が少なくてすむ場合が多いので、リスクも少ないです。
PC操作が苦手でも、チームで教えてもらえるので心配要りません。

働き方改革は会社の働きかけを待っていては、何も変わりません。
自分から動いて、自分なりの『働き方改革』をしませんか??

働き方改革


サンプルバナー


a:167 t:2 y:0