日本の医療費増加に国民はどう対処するか

医療費増加の原因

日本の医療費は増加の一途を辿っていて、それが国の財政を
苦しくしている原因にもなっています。

医療費が増加する原因にはどんなことが考えられますか?
現在、様々な問題がメディアで取り上げられていますね。

医療費増加で一番よくクローズアップされるのが、高齢化です。
でも、本当にそれが一番の原因なのでしょうか。

もちろん、これも医療費が増加する原因のうちでも
大きいものでしょう。


医療費

医療費高騰の本当の原因とは?

では、医療費が増える最も大きな原因とは何なのでしょうか?
実は、これは『医療技術の進歩』だといわれているのです。

医療技術が進歩したので、今までなら治らなかったような病気が
治るような薬や技術が開発されました。

でも、それを使うのには莫大な医療費がかかります。何故そんなに高いのか
というと、開発されるまでにそれだけの時間とお金がかかっているからです。

『医療技術の進歩』が『今までなら助からなかった人も助けられる技術
になり、医療費が増加する原因となっている、という事実があるのです。

つまり『医療技術が進歩し続ける限り、必ず医療費は増大する』
という悩ましい問題が潜んでいるんです。

予防医療で医療費削減

病気になってしまってから病院に行くので、その医療費がかさむ、
というのであれば病気にならないように予防医療に力を入れればいいだろう、

ということで、数年前から特定健康、つまり通称『メタボ健診』が始まりました。
メタボとは、「メタボリックシンドローム」の略です。


医療費


内臓脂肪型肥満に加え、高血圧、高血糖、脂質異常のうちの
いずれか2つに該当する状態のことを言います。

ではなぜ厚生労働省がメタボ検診を導入したかというと、
メタボがあらゆる生活習慣病を引き起こす原因となっているからです。

しかも生活習慣病は国民医療費の約30%を占めています。

ですから、その原因でもあるメタボを早期に発見して病気の発症を
抑える事が出来れば、医療費を大幅に削減できるという訳です。

また、セルフメディケーション税制という医療控除の特例措置が
できたのも、健康管理を自分でして、余計な医療費がかからにように
しようね、ということからきています。

ネットワークビジネスで備えて医療費を抑えよう

ひと月に何十万もする新薬を使えば、今まで治らない、とされていた
病気も治るかもしれない世の中になりました。


医療費


若い、これからの世代の方がそうした薬を使うことで助かるなら、
どんどん使えるような制度になるといいな、と思います。

日本人の寿命はどんどん延びていますが、健康でいられる『健康寿命』
実際の寿命の長さがなるべく近いことが望ましいですよね。

そうあるためには、日ごろの規則正しい生活、適度な運動や正しい睡眠、
そしてストレスを溜めないことが一番です。

けれどもどんなに予防していても、病気になってしまうことはあります。
その時に医療費の心配をしないようにしたいですよね。

インターネット在宅でするネットワークビジネスは、ストレスフリー
あなたが病気になっても、外に働きに出られなくなっても、

ずっと永続的に収入を得ることができます。
医療費の心配はネットワークビジネスで解決できます。


インターネットならすべてうまくいく!学びながら稼げるネットワークビジネス

案内資料


サンプルバナー
a:138 t:1 y:0