女性の健康を大切にするネットワークビジネス

女性の健康週間に働き方を考えよう
ネットワークビジネス

「女性の健康週間」 生涯を健康で明るく過ごすことを支援

 
3月1日~8日は「女性の健康週間」です。2007年4月、女性が生涯を通じて
健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援するため

「女性の健康週間」が作られました。


女性健康


国及び地方公共団体、関係団体等社会全体が一体となって、様々な活動を
行っています。
 
「女性の健康週間」は、厚生労働省と日本産婦人科医会、日本産科婦人科学会
が主に関係しており、関係行政機関、関係団体と協力し、

地域ごとの実情に応じて、何に重点を置くかを検討し、
広報手段を積極的に活用するなどして、運動を推進しています。

女性の力が必要

男女雇用機会均等法が制定されてからかれこれ30年近く経ちました。
当時新入社員だった女性たちは、ちょうど更年期の頃です。

世界の中でも「女性の社会進出」に関してかなり遅れをとっている
日本ですが、今後は日本全体が「女性が輝く」ための努力をすべきです。

女性が社会で活躍するためには「女性の心身の健康」は必須です。
男性にはなかなか理解し難い女性特有の健康問題もあります。

「女性の健康週間」では、主に女性特有の病気、疾患などに
主眼が置かれています。


女性 美容 健康

女性の心と体の特徴

体と心の健康に女性ホルモンが大きく影響しています。女性ホルモンの
分泌量やバランスは、一生を通じて、またその変化は1か月の短いサイクル
でも大きいので、日々健康状態が異なります。
 
閉経前後から女性ホルモンが減少します。それにより起こるのが更年期障害です。

顔がほてる、汗をかきやすい、腰や手足が冷える、息切れや動悸がする、
 イライラする、憂鬱になる、頭痛やめまいがするなど、症状や程度は様々
 ですが、6~7割の女性に更年期障害の症状が表れます。

血中のコレステロール中性脂肪のバランスがくずれるなど、生活習慣病
 かかりやすくなります。

・女性ホルモンは骨の代謝に大きく影響しているため、50歳頃から急速に
 骨量が減り、骨粗鬆症になる可能性が大きくなります。

女性の健康を大切に

子育て、介護、仕事、家事など忙しい毎日を過ごしていると、心・体からの
SOSに気づかないこともあります。常に自分の健康に関心を持って、
適切なケアを行うことが大切です。
 
次のような症状がある場合は、我慢せずに、婦人科、泌尿器科、整形外科等を
受診した方が良いです。ついつい、自分のことは後回しになりがちですよね。

・月経時の痛みがひどい
・月経時の出血が多い
・月経前の体調不良
・性感染症
・更年期障害の症状
・尿漏れ
・骨粗鬆症
 
また、特定健診などの健康診断、がん検診は40歳を過ぎたら必ず受けましょう。
私は誕生日の頃に、自分の為、家族の為に検診を受けることにしています。

1日3食のバランスのよい食事、軽い運動、十分な睡眠は健康の基本です。


女性 健康


煙草やお酒も要注意です。女性は喫煙やアルコールによる健康への影響が
男性よりも大きいそうです。できるだけ禁煙、節酒を心がけましょう。
 
体の冷えも大敵です。婦人科関連の症状につながるだけでなく、
血行不良による免疫力低下で感染症にかかりやすくなるのです。

予防するには温かい食べ物を食べる、体を動かす、足下やおなか周りを
保温するなどの工夫で体を温めるようにしましょう。
 

女性の社会進出応援、ネットワークビジネス

どんなにしっかりと健康管理をしても、どうしても病気になってしまう
ことや、更年期で辛い思いをすることはあります。

出産、子育て、介護など、30年前と比べると男性の意識も変わってきましたが
それでもまだまだ女性の負担は大きいものです。

「社会進出」というのは何も「外に出て働くこと」とは限りません。
在宅でできるネットワークビジネスは、女性の健康に優しいです。

毎朝通勤ラッシュにもまれることなく自分のペースで仕事ができ、
お子さんや親御さんの側に居たいときにも、居られます。

副業からスタートして、徐々に本業へと移行する方もいらっしゃいます。
女性の皆さん、自分の健康は自分で守りどんどん輝きましょう!

在宅ワークのネットワークビジネスを視野に入れるのも、
一考の価値はありますね(#^^#)

もっと輝く人生に!今からでも間に合うインターネットMLM

案内資料


a:87 t:1 y:0