妊娠、出産。そのとき働く女性の受け取れるお金は

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

働く女性の妊娠、出産にまつわるお金

赤ちゃんを望む女性であれば、妊娠、出産は人生の嬉しい大イベントです。
でも、その一方で不安もありますよね…。
妊娠 出産


まずは赤ちゃんが無事、健康に生まれてくれることが一番ですが
働く女性にとっては保育園や育休が明けたとき、仕事をどうすればよいかなど

悩みは尽きませんよね。働く女性にとっては妊娠、出産によって
収入が減ることも大きな悩みの一つでしょう。

働く女性にとって、妊娠、出産の時のお金がどうなるのかは、
知っておきたい情報ですよね。

分娩費用は出産一時金によって補助を受けられますが、働く女性は
産休により収入が減ってしまいます

労働基準法で決められた休暇期間は?

出産予定日の42日前、多胎妊娠の場合は98日前からは、
出産を予定する働く女性側が産休を望めば、必ず休めます。

また、産後は42日まではいかなることがあっても
職場で就労することはできません。

産後のお休みは56日までは希望すればとることができます。

「出産手当金」は女性を無理な就労から守る

休暇はもらえますが、産休中の給与は無給になります。
金銭的な不安がある場合、女性は無理をして働かなければならなくなります。
妊娠 出産


妊娠、出産時に安心して心身を休め、赤ちゃんと過ごすためには
収入の確保が必須です。その為の制度が『出産手当金』です。

出産手当金をもらうためには、2つの条件があります。

1.勤務先の健康保険に1年以上加入している(パート・契約社員でもOK)

ママご自身が働いている勤務先で、健康保険に入っていることが条件です。
つまり夫の健康保険に扶養家族として入っていないことと、
国民健康保険(市役所などの自治体から納付書が送られる健康保険)でない方です。

勤務先の健康保険に1年以上加入していれば、正社員だけでなく、
パート、契約社員でももらえる、というのはありがたいですね。

派遣社員の方も受給対象ですが、派遣の場合、派遣元の健康保険なのか
派遣先の健康保険なのかによって申請先が違います。

ですので、あなたがどこの健康保険に入っているのか確認する必要があります。

2.出産のため会社を休む。その間給料を受給しないこと。

中には産休中に手当が支給される会社があります。その場合でも出産手当金は
支給されます。ただし、出産手当金は受け取った給与分は減額されます。

また、手当てが出産手当金を上回る場合、産休中も60%以上の給料が出る場合は
残念ながら受給されません。

退職しても条件によっては出産手当金を受け取れる

出産に伴って退職をする場合にも、下の3つの条件さえクリアすれば
出産手当金は受け取れるので、要チェックです!

●健康保険の被保険者期間が継続して1年以上あること
●出産日もしくは出産予定日から42日、多胎妊娠の場合は98日以内に退職していること
●退職日に働いていないこと

育児休業給付金(出産後の手当て)

 
育休の期間中、雇用保険に加入していれば、『育児休業給付金』が出ます。
支給額は、育児休暇開始~6ヶ月目(180日目)までは月給の67%
残りの4ヶ月(181日目以降)からは月給の50%を休んだ月数分です。

雇用保険加入者で休業開始前2年間に11日以上働いた月が12ヶ月以上あり、
かつ、休業前の賃金の8割以上が支払われない場合に支給されます。
妊娠 出産 働く女性

ママでなく、パパが取得することも可能です。
また、条件を満たせば、契約社員や、派遣社員、パートでも支給されますが、

育児休業開始時に1年以上同じ会社で働いていて、子供が1歳になる日を超えても、
引き続き雇用される見込みがあることが条件です。

補償の期間は、基本的には子供が1歳になるまでですが、
保育所に入所できない場合や、配偶者が病気や亡くなってしまった場合など、

特別な事情の場合には、1歳6ヶ月まで延長できます。
産休前に、職場の担当窓口と育児休業をどれくらい取得するかを相談して、

「育児休業基本給付金の申請書」「受給資格確認票」を受け取り、
育休に入る1ヶ月前までに、会社に提出しましょう。

また、育休中に職場からお給料の支給がある場合、支給されるお給料の金額が
8割を超える場合は、育児休業給付金は支給されませんので要注意です。

ちなみに、育休をもらってから退職するのはご法度だと思ってください。
働き続けるママのための制度です。モラルを守りましょう。

妊娠、出産にもネットワークビジネスなら安心

妊娠、出産の期間、手当がもらえれば安心です。
でも、上記のことはすべての女性が該当するわけではありません。

専業主婦やフリーランスなどの場合、通常、手当はありません。
でも・・・在宅でするネットワークビジネスなら、妊娠中も出産後も

あなたの代わりにインターネットが働いてくれます。
24時間、寝ている間も稼働して収入に繋げてくれます。

産後、保育園のことや職場復帰したときのことを心配しなくても済みます。

妊娠、出産という女性の大きな節目に、働き方を考えてみるのも
大切なことです。

あなたと、あなたの大切な小さな命を守るため、
在宅のネットワークビジネスという選択肢もあるのです。

もっと輝く人生に!今からでも間に合うインターネットMLM

案内資料


妊娠、出産を控えたあなたに朗報!お得な情報満載↓
サンプルバナー


a:132 t:1 y:0