学童保育は働く女性に必要?ネットワークビジネスも選択肢

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

小学校に上がったら学童保育

小さいお子さんのいる働く女性は、お子さんが小学校へ上がったら
学童保育のことを考えなければなりませんね。

保育園なら残業をして夜になっても、預かってくれるので安心です。
でも、小学校に上がるとそうはいかなくなるのかな、そんな心配があるでしょう。
学童保育 ネットワークビジネス
以前は学童保育は概ね小3以下、となっていましたが、小6まで
対象学年が引き上げられました。

その背景として、保育園の待機児童の問題などから、働く女性の、
そしてこども達の保育環境を整えよう、という意図があるのです。

「子ども・子育て支援新制度」では、放課後児童支援員の配置基準のほか、
施設・設備について児童1人につき約1.65㎡以上の面積を確保すること、

平日は3時間以上・休日(土日、小学校の長期休業期間など)は8時間以上
児童を受け入れること、1年につき250日以上開所することなどの基準が
定められています。

この基準に従って、市区町村が具体的な事業計画を立てています。
また、児童が減少している昨今、学校の空き教室を積極的に活用し、

小学校内などで学童保育の事業を実施したいとしています。
既に数年前から実施されている市町村もあります。

政府の取り組みとして、働く女性が利用しやすいように学童保育の拡充と
質の向上を図り、学童保育で受け入れる子供の人数を増やす意向です。

女性の社会進出とともに結婚・出産後も働く女性が増え、
子供を安心してあずけられる環境の整備はますます重要になってきています。

放課後児童支援員という新しい資格

「放課後児童支援員」とは、2015年度より新しく創設された
学童保育の指導員のための専門資格のことです。

それまでは、学童保育の指導員に特別資格は必要ありませんでしたが、
2015年4月から学童保育に2人以上の「放課後児童支援員」を配置することが
義務付けられました。

「放課後児童支援員」は保育士、社会福祉士などの資格を持っている方や、
高卒以上で二年以上児童福祉事業に従事している方、教員免許をお持ちの方などが、

都道府県知事が行う研修を修了すると、その資格を取得することができます。

在宅のネットワークビジネスという選択肢

学童保育 ネットワークビジネス
政府も働く女性を後押ししようと、色々な制度が徐々に整えられてきています。
それでも、まだまだ十分とは言えません。

外に出て働くだけが、社会進出ではありません。在宅で仕事ができれば
お子さんが病気のときも、学校でトラブルがあって悩んでいるときも

ずっとそばに居てあげることができます。
お子さんの成長を近くでずっと見守ってあげることができます。

在宅のインターネットを使ったネットワークビジネスという選択肢もあります。
お子さんのそばに居たいあなたに一番合った働き方を選択してくださいね。