ネットワークビジネスで自分年金作りをしましょう

年金受給額はどれくらい?

現在の日本で約800万人の高齢者の国民年金は、どの位だと思います?
…なんと…月額僅か5万円程度だそうです…(+o+)

5万円で、家賃、食費、水道光熱費など全て賄え、と言われたら、
あなたは生活できますか??


年金 不安


以前は、退職したら悠々自適、退職金と年金で「隠居生活」を楽しむことも
できたでしょうが、「隠居」なんて、今は憧れです。(^^;

現在は「下流老人」なんて言葉ができるほどですから、
年金生活はそんな楽なもんじゃありません。

元々年金制度とは、現役の人達が支払った年金が、歳をとって引退した人達
に向けて支払われる、相互扶助の制度です。

まだ日本が高度成長期時代にあった頃は、7〜8人の若者の年金が1人の老人
支えるイメージでしたが、現在は3〜4人の若者の年金で1人の老人位でしょうか。


年金 現役


ここのところの少子化から考えても、将来的に1人の若者の年金が1人の老人
支えるこもになるのは、そう遠くないかも知れません。

年金制度が以前のように機能するには、当然のことながら、若年層の人数が、
高齢者の人数を上回って増え続ける必要があります。

でも…実際には子供の数は減少を続け、医療の発達で寿命は延びています。
今後年金制度そのものが存続するかどうかも危ういと思われますよね。

自分年金を作り出す方法

このサイトを読んでくださっているあなたが、もしまだ年金の事に
ピンとこない年代であっても、この記事を読んで頂いたら今からでも
準備が必要であることは、すぐに分かって頂けると思います。

最近「自分年金」という言葉があるのをご存知ですか⁇
公的年金には頼らず、自分で老後の資金、、、

つまり新たな収入源を得る仕組みを作るのです!!


年金


多くの方は、現在時間を使って収入を得ている、お給料が収入源だと思います。
でも、仕組みを作って新たな収入源を得る、権利収入というのがあります。

今、元気に働けているのなら、隙間時間を使って少し、その仕組みを
作る時間に充てて少しずつ移行できたらいいですよね!

そうすれば、自分年金を用意することができます。
将来の自分や家族を助ける方法がここにあります。

インターネットを使ったネットワークビジネスなら、「自分年金」を
得る仕組みを作ることができます。

老後に不安を少しでも感じたなら、今から準備を始めないと
年金は私たちを守ってはくれません。


将来不安なあなたに朗報!インターネット展開のネットワークビジネス


ネットワークビジネス

a:79 t:1 y:0