人間の仕事が無くなる前にネットワークビジネス

2030年までに 無くなる仕事

現代ビジネスが発表した、日本で「2030年までになくなる仕事」。
機械化が進み、インターネットの発展が今までの仕事のあり方を変え、

幾つかの仕事が無くなると予測されているようです。
実際に無くなると予測される仕事は以下の通りです。


無くなる 仕事

10年後に無くなるかも知れない仕事 1

電車の運転士・通訳・速記・レジ係

電車の運転士、通訳・速記、レジ係などは機械化が進んでいくと
無くなる仕事と予測することができるといえるでしょう。

これらの仕事がなぜ無くなる仕事として考えられるかというと、
例えばタグが商品に付与され、レジの自動化やスマホの決済が進む

など人間の力が必要なくなるからです。自動化が可能な仕事は、
今後無くなる可能性が高い仕事といえるでしょう。

10年後に無くなるかも知れない仕事 2

新聞配達員・郵便配達員

新聞配達員は現在も新聞のペーパーレス化が進んでおり、
今後も進むと考えられるので、無くなる仕事と予測されます。

郵便配達員もインターネットの発達により、
無くなる仕事となるのは確実と言えるでしょう。

その他にも・・・
10年後になくなるかも知れない仕事 3:訪問型営業
10年後になくなるかも知れない仕事 4:コールセンター

10年後になくなるかも知れない仕事 5:プログラマー

2030年までに様々な仕事が自動化して、無くなる仕事がありそうです。

アマゾン、ニトリといった企業で、ネット注文してから配送までの速さ!!

これは人間の手ではなく、ロボットが働くようになって実現している
わけです。他の企業でもロボット化、機械化はどんどん進んでいます。

このようなIT化、機械化の変化の早い時代をどう生き残っていくか、、、

無くなる業種と仕事を知っておくことは、今後の仕事をどうしていくか
私たちは考えていくチャンスとなります

仕事が無くなる前に、ネットワークビジネスで備える

口コミが中心のネットワークビジネスですが、実はここにも
機械化が進んでいます。

インターネットを使うことで、口コミ、セミナー参加、といった
ネットワークビジネスでハードルとなっていた部分をしなくてよくなります。


仕事 無くなる


自宅にいながらネットワークビジネスを展開することができます。
しかも、インターネットを使いますが、やはり「人」が大切なビジネス。

私のいるグループは、それぞれがネットで活動していますが私はグループの
サポートに大満足。自宅なのにオフィスで働いているのと同じです。

あなたも、自分の仕事が今後どうなるのかしっかりと見極め、
在宅での副業というのも、選択肢の一つかもしれません。


インターネット展開のネットワークビジネスに興味のある方はコチラ