老後の不安にどう備える?老後の貧困から脱出したい!

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

老後の不安

年金のことや老後の生活が不安で…
老後のために今の内から貯金しておきたいのに、今の生活費だけで精一杯。

あなたもこのように思っていませんか?

『下流老人』、という言葉をご存知ですか?
老後の貧困が社会問題になりつつあり、このままだと高齢者の実に9割以上

老後の貧困に陥る可能性があるとのこと。さらには、老後を迎えるどころか
それを負担する若者までも貧困になるとも言われています。


老後 生活費


そんな不安ばかりの老後に必要な、生活費や貯金などのことについて
具体的に考えてみたことはありますか?

今の内から大体把握しておくといざという時に慌てませんよね。
私たちの老後ははこれからどうなっていくのでしょうか?

ずっと先のことだと思わず、今の内から老後に備えましょう。
老後の年金受給額と実際に必要な生活費はどのくらいでしょうか?

老後に必要な金額

会社員の場合、お給料から天引きで厚生年金を納めています。
その比率は国民年金より高いので、受給額も高くなります。

自営業やパートやアルバイトなどの非正規雇用労働者のような国民年金納付者
の場合は会社員のような厚生年金納付者よりもっと深刻です。

20歳から60歳まで40年間満額納付していても、、、
なんと…年間80万円しか受け取れないんです…

ということは国民年金でしか納付していない場合は、年金受給額が
一カ月あたり約5~7万円程度しかありません。

生活費を毎月20万円と仮定すると毎月15万円ほどの赤字となってしまう
っていうことですよね (+o+)

生活費をどんなに抑えたとしても、足りるものではないですよね。
夫婦二人暮らしであれば多少はマシになりますが、それでも、、、

例えば、現在の給与所得者を年収順に一列に並べて、真ん中の人の年収は
いくらだと思いますか?

151万円です。月額換算すると、賞与ゼロで、12.6万円が実際の月給です。
これでは若い人は結婚もできませんね。人口が増えるわけがないです。

老後までにどのくらいの貯金をしておく必要がある?

厚生年金であっても実質的に毎月3~5万円の赤字となってしまうため、
単純にその分を貯金して備えるとすると…どの位になりますか?

80歳まで生きると仮定し、60歳から20年間の赤字を試算すると、
年間60万円の赤字×20年間=1200万円の赤字となります。

つまり、最低でも1200万円の貯金が必要ということになります!!
これはあくまで生活費だけなので、医療費なども踏まえると1500万円ぐらいは
必要になると考えるべきですよね、、、(>_<)

''国民年金の場合は、年間約156万円の赤字×20年間=3120万円
''の貯金が必要となってしまいます。

老後の生活費に足りない分の貯金をどう補う?

以上からも分かるように、老後の20年間において1200~3120万円の
生活費を補うための貯金が必要になります。

そんな金額・・・今から貯金、できますか!!?できてますか!!?
子供の教育費や家のローン、等々。出ていくばかりで貯まっていませんっ

人生も折り返しにきたら、少しは好きなことして、のんびりしたいですよね。
でも、働き続けないとこのままでは『下流老人』への道へまっしぐら。

では…在宅でできるネットワークビジネスならいかがでしょうか。
不足している貯金分を、家にいながら補うことができます。


老後 生活費


満員電車に乗らなくても、毎朝早くから夜遅くまで働かなくても
収入を得ることができる手段がここにあります。

インターネットを使ったネットワークビジネスなら、
老後の不安も解消することができます。

老後に不安があるなら、今すぐ始めないと間に合わなくなります(>_<)

憧れの不労収入生活への近道をここで見つけた!


ネットワークビジネス 老後 不安


a:123 t:1 y:0