働く女性の悩みのトップは 育児との両立ができるか

働く女性の悩みは育児と両立できるか

経済協力開発機構(OECD)によると、日本の女性は学校卒業後、
就職する人は多いけれど、約60%の女性が第一子出産後に育児のために退職するそうです。

日本の25~54歳の女性の平均就業率は70.5%で、加盟38国中13位でした。
先進各国の女性就業率が改善している中で、日本の働く女性の就業率は
依然横ばいのままです。

育児をしながら職場復帰は不安がいっぱい

妊娠・出産を機に、約60%の働く女性が仕事を辞めているんですね。
私も実は第一子出産とともに、育児のため仕事を辞めた一人です。 


育児 働く女性


退職の理由は人それぞれですが、中でも育児と仕事の両立に不安を
抱いている人は多いでしょう。

また、復職しても、その後に育児との両立に思い悩み退職していく人もいます。

男性と働く女性との違い、それは『時間と労力に制限がある』中で
女性は仕事、育児、家事をしているところではないでしょうか。

お子さんがいらっしゃるあなたなら、大きく頷いているでしょう。
赤ちゃんがこの世に生まれてきた瞬間から、お母さんは24時間営業になります。

持てる全ての時間と労力を自分の為に使うことは、当たり前
思っていたのに、2時間、3時間おきに授乳のために起き、

5時間でも通して眠れればありがたい、という育児生活が始まります。
それは幸せであると同時に、体力的にも精神的にもとても厳しいです。


働く女性 育児 


のんびり雑誌を見たり、テレビを見たり、趣味のことをする時間は皆無になり
時間と労力の全てを家事、育児に費やす生活。

そんな状況で、また仕事に戻れるのかな。そんな不安はあって当然でしょう。
あなたが妊娠・出産で休職していた間も同僚たちはずっと仕事をし、
成長しているであろことも、不安を大きくするでしょう。

環境の違いを受け入れる

子どもが生まれる前と生まれてからでは、あなた自身
周りの環境も大きく異なっている、ということを受け入れる必要があります。

何でもそうですが、人はどうしても他人と比べたがります
『隣りの芝生は青い』。

でも、比べれば比べるほど、自分の良くない、できない部分にばかり
目が行ってしまい、どんどん自分を責め、落ち込むことになります。

『できない自分』と勝手なレッテルを貼って、同僚や上司に
どう思われているのか、気になってしかたがないかも知れません。

でも、実は育児をしていることによって得たこともあるはずです
出来るようになった部分成長した点はそれ以上にあります。

これからの時代は女性も、出産後に育児をしながら仕事を続けていくことが
当たり前になっていくでしょう。

あなたが今、育児との両立に不安を抱えていても心配しないでください。
あなたには大切な新しい家族が増え、『ママ』という役割が増え

育児や家事の時間が加わりました。それはあなたを確実に成長させています
以前に比べて減ってしまったこと、出来ないコトにばかり目を向けるのではなく、

得たこと、できるようになったことにもっと目を向けて
自分を褒めてあげましょう。

今の自分をしっかりと見つめ、現状を改めて把握してみましょう。
きっとこれまで気づかなかったことや、

今までは『当たり前』としてこなしていたことがたくさんあること
に気付くはずです。

育児は1、2年で終わるものではなく、ずっと続きます。
子供が成人しても『母親』であることは変わりません

子どもの成長に伴い親を必要とする比重や場面は変わりますが、
働く女性のキャリアも、子供の成長に伴って考えていく必要があります。

まだ赤ちゃんで手がかかり、時短勤務を選択した場合や、仕事の時間に
制約があるのなら、制約のある時間の中で出来ることを精一杯やる

子どもが小さくて病気をしがちな時期には、子どもが大きくなって
免疫力が上がるまでの辛抱だと
看病で早退したり、休んだりする状況を受け入れる

子どもは日々成長していきます。
身体も丈夫になり、自分で出来ることもどんどん増えていきます。


働く女性 育児


今が大変なときは、これが一生続くんじゃないかと思ってしまいがち
ですが、環境は日々変化しているのです。

働き方を考える良い機会になる

「育児」という貴重な時間の中で、仕事に復帰するのをためらう
ママもいるでしょう。

大切な新しい命、その成長を一瞬たりとも見逃したくない、
そんな気持ちもありますよね。

職場に復帰するという選択肢ももちろんありますが、
在宅ワークにシフトする、という選択肢もあります。

在宅でする仕事なら、大切な子供との時間をたっぷりと
とることができます。

成長をずっと見守ることができます。

インターネットを使ったネットワークビジネスなら、
隙間の時間を使って作業をするだけで

将来永続的な収入を得ることができます。
お子さんの教育費もしっかりと備えることができますよ!

案内資料


ネットワークビジネス 必見!!こんな情報あります!!↓
サンプルバナー


a:81 t:3 y:1