美容と健康のため、 腸内フローラを整えましょう

腸と脳の関係、その2
私達の健康と美容は全て腸が関係していた!!

腸と脳の関係

腸と脳の関係の深さについては、先日書いた通りです。(「腸と脳の密接な関係」)
腸内環境を整えることは、ダイエットや美容、心身の健康にも深く関わっています。

その中でも最近注目度が高まっている「腸内フローラ」とは一体どのような
ものなのでしょうか。フローラとはお花畑です。腸内のお花畑⁇


腸内フローラ


大腸には1000種類100兆個という気の遠くなるような数の腸内細菌が
生息しており、それらの細菌が草むらやお花畑のように種類ごとに領域を作り、

密集して集団を作っているそうです。その様子がまるでお花畑のようだ、
腸内フローラと呼ばれるようになりました。

腸内フローラ

腸内フローラを構成する100兆の細菌の重さは合計すると約1.5㎏、
1列に並べてみると、なんと地球2週半分の長さにもなるそうです!

これだけの数の菌が腸に集中しているということは、殆どの腸内細菌が
酸素を嫌う性質をもち、酸素の少ない大腸が生育していくのに適しているため
と考えられます。

今までにも腸内細菌の存在自体はわかっていましたが、腸内細菌というのは
酸素のない環境、つまり大腸内でしか生きることができないと思われていました。

ですので外に出して増やそうとすると、酸素に触れた瞬間に死んでしまうので
なかなか研究が進まなかったそうです。

ところが最近科学技術が飛躍的に進化したお蔭で、そのDNAを調べることで
種類や働き、更には具体的にどの細菌が身体にどのような良い影響悪い影響
及ぼしているかなどが調べられるようになってきたのです。

研究が進められていくうちに、腸内細菌、腸内環境というのはあらゆる癌、
動脈硬化、糖尿病、アレルギー、うつ病などの精神病、さらに太りやすさや
老化のしやすさにまでにも関係している、ということがわかりました。

腸内環境がいかに美容や健康にとって重要なものかということが、ここ数年で
わかってきて、世間ではブームとも言えるようになっているのですね。

腸内細菌の中には、ビフィズス菌のように長く定住する菌や
2~3日で体外に排出される菌がおり、腸内フローラに生息する菌は
ずっと同じという訳ではなく、常に入れ替わっています。

このように腸内細菌が入れ替わったりしながら集団を作り、
人それぞれ異なるその人固有の腸内フローラが形成されているのです。

腸内フローラ研究が医療に大きな変革をもたらす可能性大

NHKでもこの腸内フローラが特集されたこともあり、
一般にも広く認知されるようになりました。

番組で紹介されていた、世界中の研究機関で行われている腸内フローラに
関する様々な実験によると、腸内フローラに生息する腸内細菌の様々な働きや

人体への影響力については、肥満やアレルギー等の体質改善、糖尿病やガン等の
病気予防、シワ予防等の老化防止、更にはうつ等の精神状態や性格にまで、

腸内フローラに生息する腸内細菌が様々な影響を与えている可能性がある
という驚くべき内容でした。

ただ、腸内細菌の働きや種類については、まだまだきちんと解明されていない
部分も多々あり、あくまで試験結果によってという話ですが、

近い将来「腸内フローラの解明は医療に大きな変革をもたらす可能性が
あるのではないか」という期待は各方面で高まっています。
腸内環境

腸内環境を整える製品とは

今、腸内フローラを整える良い製品がネットワークビジネス企業
にはたくさんあります。

注目の乳酸菌関連の製品もたくさんありますから、
一度インターネット検索をかけてみてはいかがでしょうか。

『腸活』とまで言われる昨今、ネットワークビジネスで
腸内フローラを整え美容も健康も富も手に入れられたら一石三鳥(^_-)-☆


next 木ネットワークビジネスの仕事大公開!!