自律神経失調症とネットワークビジネス

自律神経って何?

頭痛や下痢、動機、めまい、胸の圧迫感、憂鬱感など病院で検査しても
異常がみつからないのに、辛い症状が続いている、ということはありませんか?

もしかしたら自律神経に関係があるかもしれません。

自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたり、
自分ではコントロールできない自動的に働く神経のことを言います。

自律神経は活動する神経といわれる『交感神経』と、
休む神経といわれる『副交感神経』の二つに分類されます。

必要に応じて自動的に切りかわって働くようになっています。

眠れない、めまいがする・・・など様々な症状は
自律神経の働きに関係しているかもしれません。
自律神経失調症 ネットワークビジネス

自律神経失調症は病気なの?

自律神経失調症は不規則な生活や習慣などにより、身体を働かせる
自律神経のバランスが乱れるために起こる、様々な身体の不調のことです。

よく「自律神経失調症」と耳にするので、病名と思われていますが、
実は内臓や器官の疾患によるものではないので、病名ではありません。

検査をしても異常が見られないような時、とりあえず自律神経失調症
と診断されるケースも残念ながら少なくないようです。

自律神経失調症の症状としては、体の一部が痛い、何となく具合が悪い、
精神的に落ち込む、など様々です。

1つの症状とは限らず、複数の症状があらわれたり
出たかと思うと消えたりする場合もあります。

また、遺伝体質、性格、ストレスの感受性により症状の出方も様々です。
治療も身体からだけでなく、心の面からもアプローチしていく必要があります。

なんでもかんでも自律神経失調症・・・で片付けてしまうと、
重大な病気を見逃すことにもなりかねません。

症状や病気のサインなど、本人や周囲の人は十分に注意が必要です。

自律神経失調症の原因

自律神経のバランスが乱れる原因は一つではなく、
色々な原因が複雑に絡み合っていると言われています。

症状が一人一人違うように、その原因も心身両面から一人一人違います。
特によく言われているのは、以下のようなことです。

①生活のリズムの乱れ
夜更かし、夜型人間、夜間勤務や、子供の頃からの不規則な生活習慣など

②過度なストレス
仕事などのストレス、人間関係、精神的なストレス、環境の変化など

③元々 ストレスに弱い体質
子供の頃からすぐ吐く、下痢しやすい、自家中毒、元々自律神経が過敏な人や、
思春期や更年期、身体が弱っているときは自律神経が乱れやすいものです。

④ストレスに弱い性格
断りにくい、カッとしやすい、落ち込みやすい、人の目を気にしすぎる、
依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い傾向のある人もなりやすいです。

⑤ 環境の変化
現代の生活は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事などの
環境の変化などへの不適応や過剰適応が増えていると思われる

⑥女性ホルモンの影響 
女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化し続けるので、
この変化が自律神経の働きに影響を与えると言われます。

自律神経失調症の治療方法

症状・タイプなどにより、異なりますが、身体だけでなく
の面でも療養が必要でしょう。

生活のリズムを整え、バランスの良い食事、質の良い睡眠、適度な運動、
心にゆとりを持つことなど普段から気を付けましょう。

また、骨盤の歪み、姿勢の悪さなどから身体をうまく支えられず、
筋肉が緊張をし続け、休息できずに自律神経もバランスを崩す

ということもあるかも知れません。
肩こりや腰の痛みも見過ごさないようにしましょう。

自律神経失調症とネットワークビジネス

ネットワークビジネスは自律神経失調症の治療とも実は関係があります。
特定の病気ではありませんから、症状にもよります。

でも、例えば睡眠障害に効果があるというサプリやスーパーフード、
腸を整える働きのあるものなどなど、

ネットワークビジネスには質の良い商品がたくさんあります。
宣伝広告はしていませんが、市販のものだけでなく

インターネットで検索してみるとたくさんあることが分かります。
その中でお気に入りのものを見つけるのも楽しいですよ(^-^)