認知症は予防できる?認知症予防トレーニングとオメガ3

益々増加の一途の認知症
予防できるのでしょうか。

認知症は誰でもなる可能性がある

認知症が原因で行方不明になっている人は、年々増えているそうです。
2016年では前年比26.4%増の15,432人だったそうです。

誰でもなる可能性がある認知症ですが、予防することはできるのでしょうか。
現時点では残念ながらこうすれば認知症にならない、という方法はありません。

しかし最近認知症に対する世間の関心も高まっており、様々な研究から
どうすれば認知症になりにくいか、ということは少しずつ分かってきました。

認知症を予防する対策は大きく分けて2種類あります。

それは認知症になりにくい生活習慣を行うことと、
認知症で落ちる3つの能力を簡単なトレーニングで鍛えることです。

これを長く続けていくことで、認知症を発症させない、又は認知症になる
時期を遅らせたりできる可能性が高まります。

アルツハイマー型認知症には生活環境の改善

認知症の原因の約6割を占めるアルツハイマー型認知症の発症に、
生活環境の影響が大きく関わっていると分かってきました。

脳の状態を良好に保つためには食習慣、運動習慣を意識すること。
認知機能を重点的に使うためには対人接触を行うことや知的行動習慣を
意識した日々を過ごすことが重要だと言われています。


認知症 予防 オメガ3


1.食習慣 …野菜・果物(ビタミンC、E、βカロチン)をよく食べる
     魚(DHA、EPA)をよく食べる
     赤ワイン(ポリフェノール)を飲む
2.運動習慣…週3日以上、有酸素運動をする
3.対人接触…人付き合いがよいこと
4.知的行動習慣…文章を書く・読む、ゲームをする、博物館に行く など
5.睡眠習慣…30分未満の昼寝 起床後2時間以内に太陽の光を浴びる

認知症の初期に落ちる能力の鍛え方

認知症になる前段階で落ちる脳機能をトレーニングするのは、
発症を遅らせるため、効果的な方法だということが分かってきました。

認知症になる前の段階では、通常の老化とは異なる認知機能の
低下がみられるそうです。

ですからそれを意識して日々鍛えるようにするのです。
例えば2日遅れ、3日遅れの日記をつけるとか、レシートを見ないで、
思い出して家計簿をつけるとかは良いトレーニングです。

料理を作るときに、一度に何品か同時進行で作る
人と話をするときに、相手の表情や気持ちに注意を向けながら話す

頭を使うゲーム、例えば囲碁・将棋・マージャン等は良いトレーニングです。
やり慣れたことでなく新しいことをするなど。

認知症にはオメガ3脂肪酸

現在オメガ3系脂肪酸であるDHA・EPAは、血栓予防、抗炎症作用、降圧作用、
インスリン感受性への作用など多くの効果が証明されています。


認知症 予防 オメガ3


オメガ3脂肪酸は青魚やアマ二油などに含まれる栄養素です。
オメガ3は体をつくるうえで必要不可欠な栄養素です。

しかし、オメガ3は体内で合成することができないため、
意識的に食事によって取り入れる必要があると考えられているのです。

オメガ3は熱に弱く、酸化しやすいという性質があります。
ですから亜麻仁油、えごま油などはドレッシングに入れたりして摂ります。

オメガ3を豊富に含むネットワークビジネス製品

今やメディアでもよく取り上げられるオメガ3ですが
スーパーなどでもアピールしているのを見かけたりします。

食肉でも亜麻仁油配合の飼料を食べさせている「オメガ爽健豚」や
「オメガバランスミート」なんていうネーミングのお肉も!

身体にも脳にも良さそうですよね(#^^#)

そしてオメガ3を効果的に摂るには、リキッド状のものも
効果的ですよね。

吸収が良いですし、毎日手軽に少量で、でもギュッと濃縮された
たくさんの栄養素を一度に摂ることができますからね(^-^)

ネットワークビジネスで扱う製品にも良い物がたくさんあります。
ネットで検索してみると、お気に入りのものが見つかるかも知れませんよ!

~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆

インターネットで集客!に興味がある方はこちらからどうぞ(^-^)

認知症 予防 オメガ3
矢印
サンプルバナー
認知症 予防 オメガ3