家族が認知症になってもネットワークビジネスで安心

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

老化によるもの忘れと認知症のちがい

誰でも年齢を重ねるともの覚えがわるくなったり、人やものの名前が
思い出せなくなったりします。『もの忘れ』脳の老化によるものです。

しかし、認知症は「老化によるもの忘れ」とは違います。認知症は、
何かの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態のことです。

そして認知症が進むと、だんだんと理解力や判断力がなくなって、
社会生活や日常生活に支障が出てくるようになります。

認知症の種類

認知症のうちのおよそ半数はアルツハイマー型認知症です。
次に多いのがレビー小体型認知症、そして血管性認知症です。

これは「三大認知症」といわれ、認知症全体の約85%を占めます。
残りの15%の認知症の中には、次のような治るタイプの認知症などがあります。

【アルツハイマー型認知症】
認知症の中で一番多いと言われています。脳の神経細胞が減って脳が小さく
委縮してしまうために、症状が現れます。徐々にゆっくり進行する病気で、
急激に進行することはあまりありません。

日本では高齢化が進むとともに、認知症の人数も増加しています。
65歳以上の高齢者で、今後認知症になるかも知れない予備軍も入れると

約4人に1人いる、と言われています。ただし予備軍の方がすべて
認知症になるわけではありません。

また、年齢を重ねるほど発症する可能性が高まり、
今後も認知症の人は増え続けると予想されています。

例えば、体験したこと自体を忘れてしまったりもの忘れの自覚が
なかったりする場合は、認知症の可能性があります。

「加齢によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」の違い

例えば朝ごはんのメニューを忘れるなどは加齢によるもの。
朝ごはんを食べたこと全てを忘れていれば認知症の疑いが強いです。


認知症 ネットワークビジネス

 
もの忘れの自覚がある場合は加齢により、ない場合は認知症。
探し物に対して(自分で)努力して見つけようとするのは加齢、

誰かが盗ったなどと、他人のせいにすることがあるのは認知症。
日常生活への支障がなければ加齢、あれば認知症。

など、いずれも症状の例で、疑いがある、ということですので
診断は必ず専門機関に任せてください。

認知症にならないために

認知症の大部分を占めるアルツハイマー型や脳血管性認知症は、生活習慣病
高血圧、糖尿病、高脂血症など)との関連があるとされています。

野菜・果物・魚介類の豊富な食事を心掛けたり、定期的な運動習慣など
普段からの生活管理が認知症の予防につながることが分かってきました。

また、症状が軽いうちに認知症であることに気づき、適切な治療が受ければ、
薬で認知症の進行を遅らせたり、場合によっては症状を改善したりする
こともできます。早期発見・早期治療により、高い治療効果が期待できるのです。

認知症の早期発見・早期治療につなげるために、自分自身や家族・友人など
周りの人について「もしかして認知症では」と疑われる症状に気づいたら、
悩む前にまずは専門家などに相談しましょう。

認知症になる可能性は誰にでもあります。そして「認知症の本人は自覚がない」
と思いがちですが実はそれは大きな間違いです

最初に症状に気づき、誰より一番不安になって苦しむのは実は本人なのです

認知症の人は理解力が落ちているものの、感情面はとても繊細です。
あたたかく見守り適切な援助を受ければ、自分でできることも増えていくでしょう。

認知症は病気なんだと理解して、さりげなく自然で優しく接したいものです。


認知症 ネットワークビジネス

「認知症」の人のために家族ができること

1.何かおかしいかな?の大事なサインを見逃さないで
 認知症はちょっとしたもの忘れから始まることが多いです。周囲の人には
 単なる老化現象なのか判断つきません。普段気づくことができるのは、
 身近な家族だからこそです。

2.気づいたら早めに専門家の受診を。治る認知症もある。
 認知症かなと?思ったらまず専門医を受診しましょう。認知症に似た病気や、
 早く治療すれば治る認知症もあります。また、適切な治療や介護を受けるには、
 どの種類の認知症かを診断してもらうことは重要です。

3.対処には認知症の正しい知識を身につけましょう。
 アルツハイマーの種類によって、症状の出方や進行、対応が違います。
 それぞれの特徴をよく知っておくと、その後の家族の生活や介護計画づくりに
 役立てることができます。

4.介護保険や各種制度、サービスなどを積極的に利用しよう。
 介護保険など、制度を上手に利用しましょう。介護は家族だけではできません。
 制度やサービスは家族の息抜きのためだけでなく、介護される本人が
 プロの介護を受けたり社会に接したりする大事な機会です。

5.経験者から学びましょう。気負わず気軽に相談を。
 経験者でなければ分からないこともたくさんあります。一人で抱え込むと
 介護する人も辛くなってしまいます。経験者に相談し、共感し合い、情報を
 交換することで、介護する人も救われます。

6.焦らずできることを大切に。
 認知症の多くは知的機能が低下し、進行していきます。けれども、
 何もできなくなる訳ではありません。残された能力を大切にしましょう。

7.恥じたり隠したりしないで、ネットワークを広げよう。
 家族が認知症だということをどこか恥じる人もいますが、これは病気です。
 誰にでも起きうることです。公的な相談機関や私的なつながり、地域社会、
 インターネットなどのさまざまな情報を上手に使いましょう。

8.介護する人の心身の健康を保とう。
 介護者にも自分の生活やしたいことがあるでしょう。自分自身の時間を
 大切にしましょう。介護者の気持ちの安定は、認知症の人にも伝わります。

認知症の介護とネットワークビジネス

家族が認知症になってしまったら、家を空けるのは心配ですから、
働き方も変えなければならないかも知れません。

私の祖母は夜になると徘徊し、家族は交代で夜中気を付けて
いなければなりませんでした。

そうすると日中とても辛いので、とても会社でフルタイム働くのは
難しいと感じていました。

大切な家族が認知症になってしまったとき、なるべくそばに
居たいですよね。

インターネットのネットワークビジネスなら、在宅で仕事ができます。
隙間時間に作業ができて、しかもサイトが構築できたら

ずっと見張っている必要はなく、24時間あなたの代わりに働いてくれます。
『権利収入』という不労収入を手に入れることができるのです。

案内資料


サンプルバナー


a:145 t:1 y:0