子供を貧困の連鎖から守るネットワークビジネス

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

子供の貧困問題が日本に存在しています

日本で子供の貧困が問題になっているなんてこと、知っていましたか⁇

驚くことに、日本の子供の6人に1人は貧困のため夜お腹が空いて眠れない、
ということが実際に起きているのだそうです。

先進国である日本で、そんな子供達が本当にいるの⁇と疑問に思う人も
いるでしょう。子供の貧困は単純にお金がないという問題だけではないんです。

お金がないことで
・十分な食事を摂ることができない
・十分な住環境がない
・十分な教育が受けられない
など様々な問題に結びついています。

二世代、三世代同居の大家族だった頃と違って、核家族は当たり前、
ひとり親世帯も増えていることも理由の1つです。

悲しいことに、親の破産や犯罪、家庭崩壊などその理由は様々ですが
これによって親の貧困が子供の将来にまで連鎖するということが起きています。

貧困の連鎖とは

あるデータによると、生活保護受給世帯の子供達の約30%は
将来生活保護を受けているとのことです。

親の貧困が子供時代だけではなく、将来大人になっても
貧困になる可能性が大きいことが、このデータから読み取れます。

子供達にはきっとどの子にも、夢ややりたい事があり、
その可能性はで無限大であるはずです。


子供 貧困


…でも、親が貧困で教育への関心が低い家庭で育つと、
学力や自己肯定感などが低いままで、貧困は連鎖すると考えられています。

実際に親の年収別に子供の学歴を調べてみると、年収が高い親の子供ほど
高い学歴を身につけていることがわかります。

親の年収と子供の学歴

「大学生・院生の保護者の教育費負担に関する調査」では3人に1人の割合で
収入が理由で子供の進学希望を十分に叶えてあげることができなかったと答えていて、
世帯の年収が下がるに連れてこの回答率は高くなっていきます。

年収500万円から600万円未満の家庭で約50%、
200万円から400万円未満の家庭で約60%にもなるそうです。

両親の年収別の高校卒業後の進路による調査では、
収入が低い家庭ほど大学への進学率は低くなり、

年収200万円以下の場合は大学への進学率は28.2%
400万円の場合は43.9%
600万円の場合は49.9%
800万円の場合は54.8%
1000万円以上の場合で62%
となっています。

親の年収が高くなればなるほど大学への進学率も高いです。因みに東大に通う学生の
親の年収は半数が950万円以上というデータもあるのです。

貧困家庭で育っても特待生や奨学金、教育ローンなどがあるので
貧困が理由で大学への進学はできないということではないです。

でも現実的には塾や予備校など、大学へ進学するための準備や環境などの面では
やはり貧困は進学率に影響を与えると言わざるをえません。

また奨学金や教育ローンを利用できても将来の返済による負担なども
考えられ、貧困をさらに作り出してしまう可能性もあります。

貧困の連鎖を断ち切るための「教育」

子供の教育のために、親がどれだけの金銭的な援助をすることができるか
というのが貧困の連鎖を断ち切るための一つの重要なポイントとなります。

しっかりとした環境で十分な教育を受けることで将来子供が
貧困層から富裕層に逆転するチャンスを作ることができるのです。

子供 貧困

もちろん親の貧困が子供の将来の貧困の全てを決めるわけではありません。

親の心がけや生活環境の改善などで、貧困家庭でも子供の学力を伸ばすことはでき、
貧困の連鎖を断ち切るための教育を十分に行うことができます。

子供の将来のため、ネットワークビジネスで備えよう

大事な子供には、やはり将来できるだけ苦労しないで欲しい
と思うのが親心ですよね。

十分な教育を受けさせてあげるには、蓄えが必要です。でも…
体力に自信が無い、まだ子供が小さいので外に出られないなど…

様々な理由ですぐに蓄えるのは難しいですよね。
その悩みは、インターネットでのネットワークビジネスで解決できます。

PCを準備する資金、インターネットを使用する料金など初期費用
必要ですが、リスクは無くしかも在宅でできます

ノウハウはグループで指導してもらえるので、仕事をしながら
PCのスキルまで得ることができるんです。

在宅のネットワークビジネスが、子供を貧困から救えるかも知れません。
日本中の、そして世界中の子供達が幸せに暮らせる日が来ますように。

インターネットならすべてうまくいく!学びながら稼げるネットワークビジネス


案内資料


a:95 t:1 y:0