サイレントキラー、過労に負けないネットワークビジネス

過労はサイレントキラー

サイレントキラー、つまり「静かな殺し屋」という意味です。
症状が表れない(自覚できない)まま進行していき、
最終的には致命的な合併症を引き起こしてしまうということです。

日本人はワーカホリックと言われますが、あなたはどうですか?
毎日きちんと身体を休める時間がありますか?睡眠はどうですか?

日本の高度成長を支えたのは、日本人の国民性である勤勉さである
と言えるでしょう。しかしその結果、過労という問題もあります。

いつまでもこの長時間労働をよしとする
社会の風潮は変わらなくてもよいのでしょうか・・・??

過労はサイレントキラーと言われています。

法定労働時間を守ろう 

 
日本の労働法、ちゃんと法律で労働時間は定められているんです。
過労は死にも至ることもありますから、守らなけらばなりません。

法定労働時間は1日8時間、1週40時間です。雇用主がそれを超えて
労働させる場合は、必ず届け出が必要です。

とは言え、残業は1カ月で45時間、1年では360時間というのが限度基準です。
この月45時間以内という基準は、1日24時間の過ごし方を考えた上
導き出された精神医学上も非常によく考察された合理的な基準です。

考えてもみてください。1日24時間しかありません。
そのうち法定労働時間が8時間、昼休憩が1時間、平均的な通勤時間が1時間、

その他食事や入浴など生活時間を最低限で4時間とすると、残りは10時間です。
この10時間の中から7~8時間の睡眠をとろうとすると、
残業できる時間は1日2~3時間しかありません。

また、過労死と残業との関係は、残業が月45時間を超えて
長くなるほど関連性は強まると言われています。

つまり月45時間の時間外労働が、医学的にも労働衛生学的にも
健康で働くことができる残業時間のライン、と言えます。

ところが、1カ月間の残業が最も長かった正社員の残業時間が
過労死の労災認定基準の「過労死ライン」と言われる月80時間を超えた企業は
驚くことに22・7%にのぼることが、厚生労働省が発表しています。

あなたの会社はこの時間、きちんと守られていますか??
過労になっていませんか??
 

仕事大好きな人も過労死やメンタル不調に陥る

  
過労死は会社で残業をさせられている人だけに起こるわけではありません。
また過労死だけではなく、心身の重症な病気も疲労が蓄積すれば発症します。

どんなに自分の仕事が好きで、ストレスなく働いていると思っている人にも
発生する可能性はあるのです。

過労は「サイレントキラー」と言われます。仕事が大好きでも、
きちんと休息し睡眠をとって疲労を回復させていかないと、
疲労はじわじわ蓄積していき、心身をむしばんでいくのです。

会社という組織で働いていても、 過労死は起こるのですから
フリーランスや個人経営の会社、商店などでは自分でしっかりと
管理をする必要があります。

健康な若者も、体育会系もサイレントキラーにご注意

気を付けるべきことは、過労死は脳や心臓、その他の検査データに
何の異常もなかった人にも突然起こり得るということです。

健康な若者であっても、鍛えぬいていた屈強な男性であっても、
過労になると健康は気づかぬうちに害されていくのです。
 
ニュースで聞く過労死事件は、本当に痛ましいものです。
このようなことが二度と起こらないよう、経営者はもちろんですが

働く人自身が、睡眠不足と過労の恐ろしさをしっかりと認識し、
過労にならない働き方ができるように、もっと意識改革しなければなりません。

ネットワークビジネスで過労死を防ぐ

このような過労に陥らないためにも、在宅ワークにシフトしていくことも
選択肢の一つです。

首都圏に住んでいると、毎日の通勤ラッシュも結構ストレスです。
気づかないうちに疲労は蓄積されているんですよね・・・

私は身体が悲鳴を上げていることに気づき・・・
インターネットでするネットワークビジネスに出会いました。

あなたも自分の身体は自分で守ってくださいね。
サイレントキラーに負けないように・・・!!

こんなやり方があったのか!インターネットで完結ネットワークビジネス

過労 サイレントキラー ネットワークビジネス


2017 矢印
資料請求
サンプルバナー

a:102 t:1 y:1