配偶者控除は働く女性に必要か?ネットワークビジネスで解決

ネットワークビジネス、
確実に権利収入を得るノウハウを無料で伝授します。

働く女性の配偶者控除とは

年収103万円以下の働き女性は配偶者控除が受けられます。でも実は、
配偶者控除の基準が「年収103万円以下」とは税法のどこを見ても…

書いていないのです(´・ω・`)
では何故「103万円」という数字が出てきたんでしょうか。

配偶者控除の対象は妻の合計所得が、38万円以下の場合です。
一方で給与収入には最低でも65万円の給与所得控除があります。

これ以下なら所得が発生しません。所得が38万円になるには、65万円に
38万円を足した金額が必要で、それが103万円の根拠になっています。


扶養控除 働く女性


なぜ、税法の正式な解釈である「合計所得金額38万円以下」より
「年収103万円以下」のほうが一般的になってしまったのでしょうか。

これは配偶者が収入を得る手段はパートが多いということが前提だからです。
そこから逆算して求められた数字が103万円なのです。

103万円を超えると配偶者控除は使えない

実はパート主婦の給与収入が103万円を超えたとしても、『配偶者特別控除』
という制度があります。配偶者特別控除は夫の所得が1,000万円を超えると

使えなくなってしまうのですが、超えていなければパート主婦の給与収入が
103万円を超えても家計に残るお金は増えます

ですので税法上は103万円の壁は存在しないことになります。

それでもなお多くのパート主婦が103万円の壁を意識して働いているのは
企業が独自に設定している『扶養手当』が関係しているようです。

実は扶養手当を支給する基準として約半数の企業が、妻の所得が103万円以下
であることを条件としているのです。

扶養手当は大きいですから、パート主婦は103万円以下に抑えて働いたほうが
有利であると考えている人が多いのです。

女性の社会進出が進まないのは、配偶者控除だけの問題ではなく、
企業の扶養手当の支給基準にあるということが分かりますね。

しかし、配偶者控除にも全く問題がないというわけではありません。
所得税は所得が高いほど税率が大きくなります。

配偶者控除は夫の所得から38万円が控除できる制度ですので、夫の所得が
高いほど節税効果が大きくなり、高所得者ほど有利な制度であると言えます。

ということは、配偶者控除の103万円以下という基準が企業の扶養手当の基準
となっていること、夫の所得に関係なく一律38万円が控除され、
高所得者有利な制度となっていることが問題なのですね。

新しく検討されている『夫婦控除』

そんな中、女性の社会進出を後押しする制度として政府で検討されているのが
『夫婦控除』だそうです。

しかし、まだ夫婦控除の具体的内容について正確には発表されていません。

今のところ検討されているのは、配偶者控除の廃止、妻の年収に関係なく
夫婦の所得から一定額を控除する、ということのようです。

そうなると妻がフルタイムで働いても一律に控除が適用され、妻が103万円
の壁を意識しないで働くことができる、ということです。

女性が輝く社会のため、妻が働きやすい制度に改められ、
共働きの子育て世帯を応援する制度になるとよいですね。

これらの配偶者控除の廃止と新しい制度の導入が実施されると、
女性の働き方に大きな変化をもたらすものとなるでしょう。

専業主婦やパート主婦に対する「税の優遇」がなくなるからです。

160万円超えを目指そう

配偶者控除の廃止が決まったら、パートで働く女性は年収アップを。
一般に年収160万円以上だと夫の扶養から外れても世帯収入が減らない
と言われています。

社会保険(年金、健康保険)が夫の扶養から外れて、自分自身で厚生年金や
健康保険の険料を払っても、世帯収入が減らないところまで働くのです。

今からしっかり稼働が可能な働く女性は、年収160万円を超えられるよう
目指せるといいですよね。

ネットワークビジネスで配偶者控除廃止対策を

派遣法も改正されたり、非正規雇用の働く女性にとって色々な法改正が
必ずしも有利に働いているとは言えない場合も多いと思います。

家族のこともあり、外に働きに出るのが難しい場合もあるでしょう。
在宅のネットワークビジネスなら、その悩みも解消してくれます。

自宅に居ながらPCのスキルを無料で学ぶことができ、一度サイトが
構築されるとあなたが寝ている間にもインターネットが稼働してくれます。

配偶者控除が廃止されても、慌てる必要がありません。