GMP認証が健康食品に必要な理由

GMP認証とは
健康食品を選ぶ基準は明確に

薬や食品の製造過程でのミスをどう防ぐか

もし薬を製造する過程で、違う薬品が混入していたり、
ラベルの間違いなどがあったら、生死に関わる事態にもなりかねません。

でも食品業界ではこのようなニュースは時々流れてきますね。
国民生活センターの商品テスト・回収情報の食品の項目などには

ラベルの間違い、内容物の間違い、異物の混入、カビが生えていた
等の理由でたくさんのメーカーが回収情報を発信していませんか。

こうした事故を製造業者は、当然できるだけ防ごうとしています。
そのためにISOやHACCPの取得などを行っているのです。

ISOは良い製品やサービスの提供による顧客満足度の向上のため
最も有効であり、HACCPは衛生管理に最も有効です。

けれども医薬品レベルでの事故防止のための品質の確保と言う点では
両者共にいくつかの問題点を抱えている部分があります。

GMPの健康食品における役割

このような問題を起こさないために医薬品の世界では
GMPの取得が義務付けられているのです。

GMPはGood Manufacturing Practiceの略で適正製造規範
と総称される製造管理及び品質管理規則のことを言います。

この規制しのものが品質を高度に保つ最も大きな理由の一つなのです。

食肉や野菜などの加工食品の世界では、回収騒ぎを起こしている
粗悪な商品を消費者が知らずに摂取したとしても、
重大事故につながるようなことは比較的起きにくいのです。

しかし、健康食品となると食品よりは、少量で健康に対して
何らかの影響があるわけです。

特に錠剤、カプセルなどの濃縮をされた食品成分からなる健康食品は、
先のような品質のミスは重大な事故につながる可能性があります。

GMPの取得

GMPの取得により可能になることは以下の通りです。

(1)人による間違いを最小限にすることができる。
(2)医薬品が汚染されたり、品質が低下したりするのを防ぐことができる。
(3)高い品質を保つ仕組みをつくることができる。

この3項目を満たすためには、メーカーは工場内に管理システムを
構築する必要があります。

この管理システムの構築に当たっては品質管理能力を有する人の確保、
設備の充実等が必須の条件です。当然コストがかかります。

人の健康に対して少量でも何らかの影響を有する健康食品では、
コストを理由に品質管理がおろそかにされては重大事故の発生に
つながりかねません。

したがって、いわゆる健康食品の世界にはGMP取得が必要なのです。

next 木GMP認証されている健康食品とは

資料請求

案内資料

案内資料

ああもったいない

2017速報版ネットワークビジネスランキング・ベスト100

順位会社名売上高(百万円)前年比(%)
1日本アムウェイ98,8992.1
2三基商事65,000
3フォーデイズ39,7423.7
4ニュースキンジャパン33,000▲4.0 
5ノエビア27,1034.8
6アシュラン24,900
7フォーエバーリビングプロダクツ19,600
8シャルレ18,8361.2
9ベルセレージュ18,5002.8
10モリンダジャパン18,000
11ナチュラリープラス16,485▲24.0
12モデーアジャパン16,000
13日本シャクリー11,1851.5
14高陽社10,000
15日本タッパーウェア8,000
15シャンデール8,000
17株式会社赤塚7,800
18グラント・イーワンズ7,500▲11.8
19イオン化粧品6,910
20セプテム プロダクツ6,800▲9.0
21日健総本社6,400
22ロイヤル化粧品6,3008.5
23ネイチャーケアジャパン6,000
23サミットインターナショナル6,000
25アライヴン5,5000.0
26アイビー化粧品5,16315.0
27ニナファームジャポン5,0509.8
28ザ マイラ5,030▲2.0
29TIENS JAPAN4,8004.3
30YOSA バイオクイーン4,7006.6
31シナリー4,600
32ドテラ4,56020.2
33ライフバンテージジャパン4,300
34ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
34ピュアクリスタル4,0000.0
36ペレ・グレイス3,6300.8
37エクスフューズジャパン3,4458.0
38グリーンプラネット3,400
39マナビス化粧品3,300▲0.2
40三和 株式会社3,0000.0
41アミン2,400
42サンテクレアール2,300
43ケイエスビー2,250
44シナジーワールドワイドジャパン2,22722.0
45ベガ(VEGA)2,1762.4
46イオスコーポレーション2,1201.0
47オードビージャポン2,000
47ジュネスグローバル2,000
47アイスター商事2,000
47マナテックジャパン2,000
47M3(エムスリー)2,000
52ローズライン1800
53エックスワン1,750
53ハッピーファミリー1,750
55シェラバートン1,695
56カイアニジャパン1,600
57シー・エム・シー1,575▲3.4
58アトコントロール1,554▲23.0
59スターライズ1,500
60ユニシティ・ジャパン1,400
61エヌエーシー1,350
62エムジーエム1,300
62日本ベスト1,300▲7.1
64エコロ・インターナショナル1,25033.0
65GNLDインターナショナル1,24310.0
66IPSコスメティックス1,200
66スリーピース1,200100.0
66エムブラン1,2000.0
69国際友好交易1,004
70ウインライフ・ジャパン1,000
70マイフレンド1,000
70クレス薬品1,000
70フォーライフリサーチジャパン1,000
74ユニヴェール9870.0
75ウイズ900
75レインボー800
75ウィル・サーチ800
78ライラック7740.4
79ジョイ7320.7
80エコプライム700
80遊気創健美倶楽部700
80プロティオス700
83DNA?600
83ピュアーライフ6000.0
83AIM6000.0
86参憙恵本舗5977.0
87オリヴィス57011.8
88苔善560▲10.0
89ビー・エッチ・シー530▲10.6
90JM Ocean Avenue520
91NIKKEN500
90ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン5000.0
93アルペン総合研究所480
94アストーラ470
94ビィゴライフ4700.0
96ピュアスター45620.0
97セモア450
98ハンドライフリミテッド440
99エルブ400
99ラヴィ400
99ミューズ400
102スターリジャパン37020.0
103DNAジャパン360
104エポックモア350
105コンフィアンス モビリア340▲0.3
106クリエイション300
107フューチャーエナジー274▲20.0
108フォーチュンインターナショナル250
109日本ビーエフ239▲4.6
110ツインズ?200
111ミラクル160
112SEIKAN?1500.0
113サンライダージャパン132

<2015年9月~2016年9月までの決算額対象・・2016年決定版ネットワークビジネスランキング>

月間ネットワークビジネス3月号より

関連ページ

a:217 t:1 y:0