ネットワークビジネス成功はPDCAを活用が秘訣!

PDCAとは

PDCAって聞いたことありますか⁇

新入社員研修で習ったことある、っていう方も多いかも知れません。
または会社で上司に言われていたかも知れませんね。

マネジメントサイクルと言われるこのPDCAは、
仕事だけでなく色々なことに応用ができます。

PDCAのPはPlan、目標を設定してその目標を達成するための計画を立てます。
PDCAのDはDo、立てた目標計画に沿って業務の実行をします。

PDCAのCはCheckです。良かった点、悪かった点を客観的に反省します。
PDCAのAはAct。問題部分の処置と改善をして、つぎの目標に繋げます。

PDCAの活用のしかた

このPDCA、何にでも活用することができるんですよ。
例えばダイエットしよう!と思ったとき。

いつまでに何キロ痩せようか。どんな方法で一日どの位たべようか。
と、計画をたてますよね。

そして実行し、数か月後に検証、反省です。うまくいったところ
うまくいかなかったところを振り返り、次のステップに繋げる、と。

ネットワークビジネスにもPDCAを当てはめることができますよ。
例えば、まずは1年間どの位HPに記事をアップするか計画を立てます(P)

次に計画した通りに実行に移します(D)。私の場合はインターネットを
使っているので、記事を書いていくのが実行です。

Cの検証はアップさんによるチェックと、数字での客観的な分析です。
大切なことは、良い点も悪い点も振り返ること。

なぜPDCAが必要なの?

ネットワークビジネスを成功させるためには、
目標に向かってひたすら直進することではないでしょうか。

自分一人でやっていると、どうしてもその人の癖が出たり
我流になってしまいがちです。

でも、ネットワークビジネスは団体戦ですから、アップさんや
チームの仲間にチェックを求め、しっかりと見直していくことで

自分では気づかない良かった点悪かった点が改善できるのです。
PDCAのサイクルを繰り返すことで、日々の活動内容はよりよくなります。

ネットワークビジネスで大切なのは日々の継続です。
でも、方向を間違えたまま進んでしまうと成功しません。

日々の活動状況の見直しと修正、PDCAはビジネスの基本です。
PDCAのサイクルはらせん状に徐々に上がっていくのが理想とされています。
PDCA ネットワークビジネス
PDCA→PDCA→PDCAと繰り返し行っていくことが、
成功する為の秘訣なのです。
next 木未来とは今現在の行動によって変わるもの

PDCA ネットワークビジネス

2017 矢印

サンプルバナー

画像の説明
a:169 t:1 y:0